☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

修理を終えたクルーズ船「カーニバル・パノラマ」運航を再開

修理を終えたクルーズ船「カーニバル・パノラマ」運航を再開 船舶
スポンサーリンク

修理を終えたクルーズ船「カーニバル・パノラマ」運航を再開

大型クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」(カーニバル・パノラマ)で実施していた操舵および推進装置の修理が完了。無事、12月23日ロングビーチ出港のクリスマスホリデークルーズに間に合ったそうです。

巨大な船体を修理するドックの選定や経路上に架かる橋の桁下制限など様々な問題があったようですが、予定されているクルーズスケジュールに向かい、綱渡りのような工程を乗り越えての運航再開。なかなかスゴイと思います。

船名CARNIVAL PANORAMA
総トン数133,500トン
長さ321.56m
37.19m
速力18ノット
旅客定員5,146人(最大)
船籍パナマ
建造年2019年
クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」
出典:Wikipedia | By Tunestoons – Own work, CC BY-SA 4.0, Link
スポンサーリンク

修理完了までに存在する様々な問題

「CARNIVAL PANORAMA」では2023年11月初旬に操舵および推進装置にトラブルが生じ、航行速力が大幅に低下するという現象が発生。復旧にはドックでの修理が必要でしたが定期修繕ではなくスポット的な臨時修理であったため、大きな船体を収容するドックは限られており少ない候補場所から選定作業がおこなわれ、オレゴン州のポートランドにある造船所Vigorで修理が可能に。しかし、修理をおこなう造船所へ向かう経路上には4つの橋が架かっており現況のエアドラフトでは桁下制限により通航できないため、ファンネル(煙突)の一部を撤去する必要があった。

12月23日にロングビーチを出港するクルーズ予定が組まれていたものの、カナダのビクトリアでファンネルを一部撤去するなどの桁下制限をクリアするエアドラフト対策が終わり造船所へ向けて出港したのは12月1日。この時点でロングビーチ発のクルーズ予定まで3週間を切っていましたが、効率よく修理および移動工程をおこない、予定日の2日前にロングビーチへ到着。無事に修理ミッションを完遂。

クルーズ船「CARNIVAL PANORAMA」修理工程
  • 12月1日
    修理する造船所へ向けてカナダのビクトリアを出港

    通航する橋の桁下制限クリアのためファンネル一部撤去

  • 12月2日
    オレゴン州のポートランドにある造船所Vigor到着

    操舵および推進装置の修理

  • 12月10日
    造船所Vigorを出港
  • 12月12日
    カナダのビクトリア到着

    撤去していたファンネル復旧

  • 12月17日
    カナダのビクトリア出港
  • 12月21日
    ロングビーチ到着

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました