☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

援助物資を積んだ運搬船が再び海路でガザへ向けキプロス出発

援助物資を積んだ運搬船が再び海路でガザへ向けキプロス出発 事件・事故
スポンサーリンク

援助物資を積んだ運搬船が再び海路でガザへ向けキプロス出発

2024年3月30日、アメリカの慈善団体World Central Kitchenは、海路による2回目の援助物資を積んだ運搬船がガザへ向けてキプロスを出発したことを明らかにしました。

3月15日にガザへ到着した1回目の輸送では援助物資を積んだ台船1隻の曳航だけでしたが、2回目の輸送では台船に加えて全長78.83mの貨物船「JENNIFER」を輸送船団に追加。援助物資の輸送量は、1回目の200トンから1.5倍以上の300トンを超える量になっているという。

関連記事 昨年10月7日の戦闘開始以降、海路で初めての支援物資がガザ到着

関連記事 キプロスから支援物資を積んだ台船曳航開始、ガザ受け入れ桟橋建設中

4月1日に到着予定

3月30日にキプロスを出発した輸送船団は、AISで確認する限り順調に航行しているように見えます。自航式の貨物船も曳航している台船の速力に合わせているため、少し遅いですが6ノット程度で航行していました。

230海里÷6ノット=38.3時間≒約2日間、AISの到着予定も4月1日9時30分(現地時間)になっているので、今のところ順調。

貨物船「JENNIFER」の船倉に荷役用クレーン積み込み

貨物船「JENNIFER」には援助物資と移動式の油圧クレーンが積まれています。

ガザに到着後、台船の物資を先に陸揚げして、応急的に建設した簡易桟橋に係留できない貨物船の物資を船倉内に積んだクレーンで台船へ積み替えをおこないピストン輸送するものと思われる。

ちょっと心配な作業。船倉内に油圧クレーンをセットした状態で台船への物資積み替えをおこなうことを想像すると、クレーンのオペレーターからは荷下ろし先は目視で確認できない。合図は無線でおこなうと思いますが、けが人が出ないことを祈るばかり。

貨物船「JENNIFER」

船名JENNIFER
総トン数1,172トン
載貨重量トン1,576トン
長さ78.83m
9.95m
船籍ギニアビサウ
建造年1984年
貨物船「JENNIFER」
出典:MarineTraffic | simon de jong
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。