中国で800トン吊りSEP起重機船「精铟01」レグ延長完了

中国で800トン吊りSEP起重機船「精铟01」レグ延長完了 起重機船、クレーン船

 2022年9月21日、800トン吊りSEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)のレグ延長が完了。建造時は80mだったレグ長さは、今回の工事で93.5mとなり、8MW級の洋上風車建設が可能になった。

スポンサーリンク

SEP起重機船「精铟01」レグ延長

2016年 建造中のSEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)、レグ長さ80mの状態
出典:广东精铟海洋工程股份有限公司

 800トン吊りSEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)は、2017年に建造され、当時のレグ長さは80m。水深45mまでの海域で作業可能で、6MW級までの風車建造を想定していた。船体は非自航式でDPも非搭載。

延長するレグの挿入位置

 画像をよく見るとすぐに分かりますが、レグを追加しているのは上端ではなく、上端から10mほど下にいった部分。単純に間に追加するレグを入れ込むと端部に追加するのと比較して溶接量が倍になるので非効率。それでも間に差し込んだ理由は、既設レグ端部に昇降時に必要となる穴が空いてないからだと思います。

レグの延長完了、薄っすらと色合いが異なる増設部分
SEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)の概要
吊上能力800トン吊
長さ85.8m
40.00m
深さ7.00m
レグ長さ80.0m → 93.5m
※2022年に延長
建造年2017年
所有会社KEEN OFFSHORE ENGINEERING
(広東精铟海洋工程股份有限公司)
SEP起重機船「精铟01」(JING YIN 01)の概要
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました