☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

韓国のDoosan Enerbilityが8MWの型式認証を取得

韓国のDoosan Enerbilityが8MWの型式認証を取得 洋上風力発電

 韓国のDoosan Enerbilityは、ドイツの国際認証機関であるDEWI-OCCから8MW洋上風力発電システムの型式認証を取得したと発表。容量8MWは韓国最大。

スポンサーリンク

韓国のDoosan Enerbilityが8MWの型式認証を取得

 2022年12月12日、韓国のDoosan Enerbilityは、ドイツの国際認証機関であるDEWI-OCCから8MW洋上風力発電システムDS205-8MWの型式認証を取得したと発表。ローター直径205m、容量8MWの風車は世界最大では無いものの、韓国国内では最大の容量。

 韓国最大となる8MWという容量以外にDS205-8MWの特徴として、ヨーロッパなどに比べて風速が低い韓国南西側の海域に適した設計となっている。ローター直径を205mに延長することで平均風速6.5m/sという低風速の環境下でも30%以上の稼働率を記録したそうです。

 Doosan Enerbilityは、8MWのタービンモデルが加わり3.3MW(WinDS3300)、5.5MW(WinDS5500)、8MW(DS205-8MW)というラインナップを保有。2021年に5.5MW(WinDS5500)のタービンモデルを製造する工場を建設、8MW風車の製造工場建設準備や大型化に向けた再編などは今後行なっていく方針。

2022年1月にプロトタイプを設置

2022年1月に設置した8MW風車「DS205-8MW」のプロトタイプ
出典:Doosan Enerbility

 2022年1月、韓国南西部の全羅南道 霊光郡にある国家風力実証センターに8MWの「DS205-8MW」プロトタイプを設置し、1月末から試運転を開始。

型式DS205-8MW
発電容量8MW
ローター直径205m
ブレード長さ100m
全高232.5m
DS205-8MWの概要

 取り付けられているブレードは長さ100m、タワー部分の長さは130m、全体の高さは232.5m。

 平均風速11m/sで8MWの発電性能を持ち、平均風速6.5m/sでも30%以上の稼働率を示す。ギアレスダイレクトドライブ型発電機を適用することで、送電システムが簡素化されるため構造安定性とエネルギー効率が高く、メンテナンスコストが低いという利点があるそうです。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました