☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ベトナムのブンタウで行われた4,844トンのジャケット積込

ベトナムのブンタウで行われた4,844トンのジャケット積込 石油プラットフォーム

 ベトナムのブンタウで全長約140m、重量4,844トンのジャケット積込が行われました。積込作業を行ったのはベルギーのSarens。ジャケットの移動に使用されたのは、588トンのストランドジャッキ4台。

スポンサーリンク

ベトナムのブンタウで行われた4,844トンのジャケット積込

 ミャンマー沖で開発されている Zawtika development project(Phase 1D)と呼ばれるガス田のジャケット2基の積込がベトナムのブンタウで行われました。積込作業を行ったのは、ベルギーに本社を置きクレーンの製造や重量物運搬などを行うSarens。

 Sarensの記事によると、2基のジャケット積込作業は9月末と11月中旬に行われ、作業にあたってSarensは以下の機材を準備したようです。

Sarensが準備した機材
  • 588tストランドジャッキ — 5台
  • 800tストランドジャッキ — 3台
  • バラストポンプ — 22台
  • デッキポンプ — 8台
  • 油圧パワーパック — 7台
  • 20t係留ウインチ — 2台
  • 40t係留ウインチ — 6台

 実際の作業では、588トンのストランドジャッキ4台でジャケットの移動は出来たようで、800トンのストランドジャッキは使用しなかったそうです。

 積み込みを行ったジャケットは、長さ140.3m、重量4,844トン。移動距離は、陸上21mと運搬台船127mの合わせて148m。スキッドウェイ(skidway)と呼ばれるレールの上をストランドジャッキで引っ張って滑らせるように移動。積込場所の水深が浅く運搬船が着底する恐れがあったため、喫水を保持しながら水平を保つという点に細心の注意が払われたようです。

半潜水式のジャケット進水台船「Holmen Pacific」

半潜水式のジャケット進水台船「Holmen Pacific」
出典:YouTube | Holmen Heavylift Offshore Pte Ltd.
船名Holmen Pacific
長さ160m
40m
深さ12m
総トン数25,138トン
載貨重量トン数34,400トン
建造年2012年
「Holmen Pacific」の概要

 ジャケットの運搬船として使用されたのは「Holmen Pacific」という半潜水式の進水台船。

 全長160mの「Holmen Pacific」は、一見すると自航式のようにも見えますが、非自航式。ジャケットなどの進水作業を行うために船体は半潜水式となっている。

 ジャケット進水時は、バラスト調整により船体を傾けてジャケットの進水を行う。

-ジャケット進水動画-

 11基の巨大なジャケット進水。最も重たいジャケットの重量は49,375トン。動画だとストランドジャッキを使用した積込の様子も分かりやすい。「Holmen Pacific」は3番目に登場します。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました