韓国初のSEP船「Hyundai Frontier」

韓国初のSEP船「Hyundai Frontier」 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

韓国初のSEP船「Hyundai Frontier」

韓国初のSEP船「Hyundai Frontier」
韓国初のSEP起重機船「Hyundai Frontier」
出典:Hyundai Engineering & Construction

 ジブ固定式の起重機船では世界最大の「Hyundai-10000」を保有している韓国ですが、洋上風力設置をおこなうSEP起重機船は今回誕生した「Hyundai Frontier」が国内初になるようです。

 Hyundai Engineering & Constructionに掲載されているプレスリリースによると、2023年6月13日、韓国南東部にある慶尚南道の統営市でSEP起重機船「Hyundai Frontier」の出港式が開催されたという。今後は、7月から済州島の北西部で建設している「Jeju Hallim Offshore Wind farm」に配備され、風力タービン設置をおこなう予定。「Jeju Hallim Offshore Wind farm」は5.56MW風力タービン18基で構成され、発電容量は100MW。

 このSEP船の完成時期が不明なので、結構前から完成していたのでしょうか。普通に考えると完成したばかりのはずですが、完成して1ヶ月も満たない内に洋上での風力タービン設置を実施するとなると習熟訓練する期間も短くなってしまいます。かなり特殊な作業船なので無事に作業が進めばいいのですが、少し不安な気も。

ジブ固定式の起重機船としては世界最大となる10,000トン吊り起重機船「Hyundai-10000」

スポンサーリンク

「Hyundai Frontier」の仕様

 韓国初のSEP起重機船「Hyundai Frontier」に搭載されているクレーン能力は、1,200トン。残念ながら、LEC(Leg Encircling Crane)ではない。クレーンポストの設置位置は船体左右方向の中心からずらしているように見えるので、ど真ん中に置いてあるよりは少しマシなレベル。

 全長85m、幅41m、深さ6.5mでレグ長さは最大100mまで延長可能という記載ですが、現状の長さは不明。最大揚程は水面上130mで、10MWクラスの風力タービン設置が可能という。DPSは搭載されており、階級やスラスターなどの仕様は不明。掲載記事には、風力タービン部材の積み込み・運搬・設置という一連の作業が可能と記載されていますが、自航式かどうかはよくわかりません。ただ、現時点でAIS情報を検索しても引っ掛からないので非自航式なのかも。

船名Hyundai Frontier
クレーン能力1,200トン
ブーム長さ121m
最大揚程水面上から130m
長さ85m
41m
深さ6.5m
レグ長さ最大100m
(現状不明)
DPS搭載 (階級は不明)
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました