世界最大のSEP起重機船 3,200トン吊り「Voltaire」完成

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」完成起重機船-世界

 SEP起重機船としては世界最大となる「Voltaire」の完成・引き渡しが行われ、建造場所の中国を出港したそうです。数か月後の2023年春からイングランド沖合の北海に建設中のDogger Bank AでHaliade-X 95基の設置を行う予定。

スポンサーリンク

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」完成

 2022年12月15日、建造していた中国のCOSCO ShippingからJan De Nulへ完成したSEP起重機船「Voltaire」の引き渡しが行われました。2023年春から風車タービンの設置が行われるDogger Bank AでHaliade-X 95基の設置を行う予定。

SEP起重機船「Voltaire」の概要

 「Voltaire」に搭載されているクレーン能力は、3,200トン吊り。日本の清水建設が建造した「BLUE WIND」の2,500トンを700トンも上回り、SEP起重機船としては世界最大

 ちなみにSEP(セップ)船という呼び方をしているのは日本だけのようです。世界では WTIV(Wind Turbine Installation Vessel)や今回のJan De Nulの記事で書かれているように jack-up vessel や jack-up barge という呼び方。WTIVは、SEP起重機船だけを意味する言葉ではありませんが、多くの場合その意味合いで使用されています。

 世界的にWTIVと言えば自航式ですが、日本の場合は今のところ自航式のSEP起重機船は「BLUE WIND」1隻だけなので、自航式~、非自航式~という呼び方が正式なのかも。清水建設も「自航式SEP船」という呼び方をしてます。まぁ気にならない人のほうが多いでしょうけど。それにしても各社の呼び方バラバラ。

各社のSEP起重機船の呼び方
  • 五洋:SEP型多目的起重機船
  • 清水:SEP船
  • 大林:SEP
  • 当ブログ:SEP起重機船

SEP起重機船「Voltaire」の概要

船名Voltaire
クレーン能力3,200トン
(Huisman製)
甲板上の揚程162.5m
長さ169.3m
60m
深さ14.6m
レグ長さ130m
作業水深最大80m
載荷重量トン21,500トン
建造年2022年
デッキスペース7,000m2
デッキ強度20トン/m2
搭載可能重量16,000トン
アジマススラスター3,000kw×4
格納式スラスター2,600kw×2
バウスラスター2,600kw×2
DPSDYNAPOS-AM/AT-R
(Class 2 相当)
最大航行速度11.5ノット
宿泊設備110室

中国を出港して向かうのはアラブ首長国連邦

 Jan De Nulの掲載記事によると、出港した「Voltaire」が向かうのはベルギーでもイングランドでもなく、アラブ首長国連邦。特に向かっている理由については説明が無いので何か目的があって向かっているのか、ただの経由地なのかは分かりませんが、何か目的がありそうな気がします。

 アラブ首長国連邦の位置を確認するとルート的には、かなりロスの大きい寄り道になりそうな場所。

項目 パナマ運河スエズ運河
船の長さ366m制限無し
高さ制限57.91m68m
喫水18m 20.1m – 12.2m
51m50m – 77.5m
パナマ運河とスエズ運河の制限サイズ

 「Voltaire」のレグは長さ130m。

 スエズ運河には、桁下高70mのスエズ運河橋が架かっているので通航する船の水面上最大高さは68mまでに制限されている。仮にレグを海底すれすれまで下げたとしても20m程度しか下げれないのでスエズ運河を通航することは出来ない。

 アフリカ大陸の南、喜望峰をまわるルートを考えると尚更、遠回りしている感じが強くなります。なのでやっぱり何か目的があると思われる。

ヘリパッドが無くなってる?

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」間もなく完成
ジャッキアップテストを行うSEP起重機船「Voltaire」
出典:Jan De Nul Group

 Jan De NulがTwitterに掲載している画像では分かりませんでしたが、ホームページの記事に添付されている動画を見て気付いたのは、ヘリパッドが無くなっているということ。以前の画像を確認すると設置されています。厳密に言えば、無くなってはいないけど骨組だけになってる。万が一、航海中に緊急事態が起きてもヘリパッドは無い状態。

 これは、2022年9月の台風12号(ムイファー,Muifa)が直撃して損傷を受けたことが原因とみられます。

 動画は中国で係留していた桟橋を出港する「Voltaire」の様子をドローンで撮影したもの。

動画の中でVoltaireの後ろに映っているのは・・・洋翔?

 動画の 0:07~0:10 と 0:55~0:59 の2回、「Voltaire」の後ろに映り込んでいる起重機船が少し前まで日本の寄神建設が所有していた4,000トン吊り起重機船「洋翔」に似てます。中国の企業に売船されていたのかもしれません。

動画のスクリーンショットを拡大したもの
起重機船「洋翔」
出典:Wikipedia | By mstk east – crane vessel 洋翔 02, CC BY 2.0, Link

 特徴的なフライングジブの形状がそっくりなので、ほぼ「洋翔」で間違いないかも。中国まで来て長江のど真ん中で放置されてるなんて、なんだか可哀そう。

 

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました