☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フランスのカルバドス洋上風力向けモノパイル64本、全数出荷完了

フランスのカルバドス洋上風力向けモノパイル64本、全数出荷完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

フランスのカルバドス洋上風力向けモノパイル64本、全数出荷完了

重量物運搬船「DONGBANG GIANT NO 6」に積まれたカルバドス洋上風力向けのモノパイル
出典:EEW SPC
EEW Holding の掲載記事【2023年7月31日】

Successful completion of loading for Calvados OWF

(Calvados OWF の積み込みが正常に完了しました)

https://eew-group.com/projects-references/success-stories/news-detail/successful-completion-of-loading-for-calvados-owf/

2023年7月31日、ドイツのロストックにあるEEW SPCで製造されていたフランスのカルバドス洋上風力向けとなるモノパイル64本が完成し、全てのモノパイルが出荷されたことを EEW Group が明らかにした。

掲載されている記事によると、最後のモノパイルが重量物運搬船「DONGBANG GIANT NO 6」に積み込まれてロストックを出港したのはおよそ1カ月前の6月29日。最終便に積まれた6本のモノパイルは、オランダのフリシンゲンにある中間貯蔵場所に運ばれたという。

重量物運搬船「DONGBANG GIANT NO 6」の船名はどこかで見たような記憶があったので、過去の記事を調べると、「DONGBANG GIANT NO 3」でした。「BLUE WIND」の初施工現場である入善沖洋上風力の基礎部材を中国から七尾港に運んだ船。

船名DONGBANG GIANT NO 3DONGBANG GIANT NO 6
総トン数12,183トン14,462トン
載貨重量トン14,006トン15,016トン
長さ155m152m
38m40m
船籍韓国韓国
建造年2010年2012年
重量物運搬船「DONGBANG GIANT NO 3」の概要
富山県入善町沖で使用するモノパイルが完成し中国から出荷
入善向けの風車基礎部材を積んだ「DONGBANG GIANT NO 3」
出典:南通润邦海洋工程装备有限公司
重量物運搬船「DONGBANG GIANT NO 6」
出典:FleetMon | BSchrempp

2023年3月に「GULLIVER」で洋上変電所設置

2025年に運転を開始する予定のカルバドス洋上風力発電所では、2023年3月に4,000トン吊り起重機船「GULLIVER」によって洋上変電所の設置がおこなわれています。

ジャケット設置(重量=1,300トン)
出典:Scaldis SMC
トップサイド設置(重量=2,100トン)
出典:Scaldis SMC
スポンサーリンク

モノパイル打設にはバイブロハンマー「GIANT 2000」使用?

世界最大級のバイブロハンマー「GIANT 2000」
出典:Dieseko Group

カルバドス洋上風力発電所でモノパイル設置には、Dieseko のバイブロハンマーが使用される予定。そして、モノパイル設置はSAIPEMが請け負っている。という情報などから総合して、世界最大級のバイブロハンマー「GIANT 2000」が使用されると予想していますが、実は「GIANT 2000」を使用するという記載はどこにも無い。でも各情報から考えると、ほぼ間違いないと思います。

バイブロハンマーを使用しての施工時期については、カルバドス洋上風力の運転開始予定は2025年なのでモノパイル設置の施工は2024年なのかもしれません。SAIPEM 及び Dieseko のホームページやSNSを確認しましたが、カルバドス関連の情報は更新されていませんでした。

超大型バイブロハンマー「GIANT 2000」を使用しての施工は非常に気になるので動きがあれば、記事でお伝えいたします。

スポンサーリンク

カルバドス洋上風力発電所の概要

Calvados Offshore Wind Farm (Courseulles-sur-Mer)の概要
  • 設置位置:フランス Courulles-sur-Merの北約15kmのセーヌ湾、水深22m~31m
  • 発電容量:448MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SWT-7.0-154、7MW、64基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 風車形状:出力7MW、ローター直径 154m、ブレード長さ 75m、受風面積18,600m2
  • 運転開始予定:2025年

フランスで建設中の洋上風力発電所 Calvados Offshore Wind Farm (Courseulles-sur-Mer)では、Siemens Gamesaの7MW風力タービン64基が設置される予定。総発電容量は448MW。風車基礎は着床式のモノパイルを採用。施工する作業船は「SAIPEM 3000」でモノパイル設置、風力タービン設置は、SEP起重機船「Sea Installer」が予定されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。