上海電気向けSOV「至臻100」、オフショア機器のテスト完了

上海電気向けSOV「至臻100」、オフショア機器のテスト完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

上海電気向けSOV「至臻100」、オフショア機器のテスト完了

2024年4月11日、ZPMCで建造中のUlstein設計による上海電気向けSOV「至臻100」(ZHI ZHEN 100)のオフショア機器に関するテストが完了。

テストは32時間に渡って実施され、動作補償機能があるギャングウェイや搭載クレーン、運転支援システムなど搭載しているオフショア機器について16回にもおよぶ徹底的な機能テストをおこない、各パフォーマンスのさまざまな側面が精査されたという。

SOV「至臻100」の甲板上に積まれている複数の作業艇についても、クレーンによる進水・回収テストがおこなわれています。全長93mのSOV「至臻100」からすれば小さく見えますが、結構大きくてしっかりした作業艇。

SOV「至臻100」に搭載されている作業艇
出典:ULSTEIN

SOV「至臻100」(ZHI ZHEN 100)の概要

SOV「至臻100」の船体は、Ulsteinの「SX197」と呼ばれる型式。UlsteinのX-BOWとX-STERNと呼ばれる船首および船尾形状を採用。

2022年11月30日に起工式がおこなわれ、2023年9月16日に進水。2024年に運用が開始される予定。

船名至臻100
長さ93.4m
18m
喫水(最大)6.0m
載貨重量トン3,200トン
速力12.3ノット
宿泊設備80~120人
DPSDP2
SOV「至臻100」
出典:ULSTEIN
スポンサーリンク

【動画】SOV「至臻100」オフショア機器テスト

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました