東京電力RPがイギリスの洋上風力発電会社を買収

東京電力RPがイギリスの洋上風力発電会社を買収洋上風力発電

 東京電力の子会社、東京電力リニューアブルパワーがイギリスの洋上風力発電会社「Flotation Energy」を買収することを発表。洋上風力事業運営全般のノウハウ・技術を獲得する狙い。

東京電力RPがイギリスの洋上風力発電会社を買収

 東京電力の子会社、東京電力リニューアブルパワーが2022年11月2日に発表したプレスリリースによると、Flotation Energy社(本社:英国スコットランド エディンバラ)について、11月1日、同社株主との間で発行済株式の100%を譲渡する契約を締結。

 株式譲渡ということは経営権が東京電力RPに移り、子会社化するということ。

 Flotation Energyは、稼働中の浮体式洋上風力としては世界最大の「Kincardine floating offshore wind farm」などの開発に携わった経営陣によって2018年に設立された世界有数の浮体式洋上風力発電事業者。

 東京電力RPとしては、Flotation Energyを買収することでグローバルな初期段階の案件開発に加え、実案件の設計・建設・O&Mを通じて、洋上風力事業運営全般のノウハウ・技術を獲得し、国内外における洋上風力事業を積極的に展開していくという狙い。

 東京電力RPのホームページに掲載されているトップメッセージを見ると、2030年度までに国内外で600~700万kW(6~7GW)の電源を新規開発し、再生可能エネルギーの「主力電源化」を推し進めるという強い意気込みが掲げられている。

 今回の買収は東京電力RPにとって海外風力事業に出資参画する第1号案件。

「Kincardine floating offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド アバディーン沖15km、水深60m~80m
  • 発電容量:Vestas V164-9.5 MW、V80-2 MW 9.5MW×5基+2MW=49.5MW
  • 風車基礎:浮体式、WindFloat
  • 風車形状:ローター直径 164m、全高 190m
  • 完成:2021年10月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました