☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

明陽智能が出力とローター直径で世界最大の洋上風力タービン発表

明陽智能が出力とローター直径で世界最大の洋上風力タービン発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

明陽智能 洋上風力タービン「MySE 18.X-20MW」発表

2023年12月13日、中国の風力タービンメーカー明陽智能(MINGYANG SMART ENERGY)は、広東省汕尾市にある製造拠点で出力とローター直径において世界最大となる洋上風力タービン「MySE 18.X-20MW」公開の様子をLinkedInへの投稿で明らかにしました。

投稿記事の中で「MySE 18.X-20MW」は、明陽智能のハイブリッド ドライブ ファミリーの画期的な製品であると述べています。そして、均等化発電原価(LCOE,Levelized Cost Of Electricity)と呼ばれる発電量あたりのコストを削減し、顧客に長期的な収益を確保することを目指しているとしている。

スポンサーリンク

「MySE 18.X-20MW」の概要

「MySE 18.X-20MW」の主な機能
  • モジュール性、軽量設計、高効率、信頼性を焦点に開発
  • 出力:18.X~20MW
  • ローター直径:260~292m
  • 掃引面積:サッカー場に換算すると9面分に相当
  • 年間発電容量:8,000万kWh(80GWh)
  • 中風速から強風の地域向けに設計
  • 風速56.1~61.2m/s に耐える台風対策技術を搭載
  • ブレード、ギアボックス、ジェネレーター、ピッチシステム、大型鋳物、制御システムなどの主要部品を中国国内で製造
スポンサーリンク

2023年10月には22MWの風力タービン開発を発表

今回公開された洋上風力タービン「MySE 18.X-20MW」は最大で出力20MWですが、明陽智能は2023年10月にさらに巨大な出力22MWの洋上風力タービン「MySE 22MW」の開発を明らかにしています。2024年から2025年の間に開発がおこなわれる予定で、そのローター直径は310m以上になるという。

スポンサーリンク

世界の各メーカーが開発中の風力タービン

メーカー明陽智能明陽智能明陽智能中国海装中国長江三峡集団
Goldwind
VestasSiemens GamesaGE
型式MySE 18.X-20MWMySE 18.X-28XMySE 16-260H260-18MWCTG/Goldwind
252-16 MW
V236-15.0MWSG 14-236 DDHaliade-X
14.7MW-220
発電容量18.X~20MW18MW以上16MW18MW16MW15MW14MW14.7MW
ローター直径260~292m280m以上260m260m252m236m236m220m
ブレード長さ140m?123m?115.5m115m107m
受風面積
(サッカー場9面分)
61,575m253,902m253,000m250,000m243,742m243,500m2
年間発電電力量80GWh /年80GWh /年67GWh /年74GWh /年66GWh /年約80GWh /年76GWh /年
世界のタービンメーカーが開発中のタービン

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました