2022-10

船舶

大分空港で海上アクセスとしてホーバークラフトが復活

大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進んでいるようです。大分県では過去にもホーバークラフトが就航していましたが利用者減少などの理由で運航が終了しています。
洋上風力発電

SiemensがSG14-236DDプロトタイプナセルの設置完了

Siemens Gamesaは、デンマークのウスタイル(Østerild)試験場に「SG 14-236 DD」のプロトタイプタワーとナセルの設置を完了した。
起重機船-世界

間もなく完成予定の「Voltaire」は3,200トン吊り?

Jan De Nulが建造中の完成すれば世界最大のSEP船となる「Voltaire」。搭載されているクレーン能力は3,000トンかと思っていましたが、3,200トンかもしれないという情報。中国のニュース記事がソースなので確定ではありません。
スポンサーリンク
洋上風力発電

VestasがV236-15.0MWの115.5mブレードを製造

Vestasが開発を進めているV236-15.0MWプロトタイプ用に使用される長さ115.5mのブレードが完成した。
着床式

NnGでBalderによる洋上風車基礎ジャケットの設置開始

スコットランドで建設中のNeart na Gaoithe offshore wind farm(NnG)で洋上風車基礎ジャケットの設置が開始された。設置を行うのはHeerema社が所有する6,300トン吊りクレーン船「Balder」。
着床式

Fécamp洋上風力発電所の重力式基礎を製作場所から積出する方法

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」。世界最大のクレーン船「Sleipnir」によって風車基礎となる71基の重力式基礎設置が完了しましたが、その重量は1基あたり5,000トンという大きなもの。
事件・事故

奄美大島の沖でクレーン船が座礁 乗組員8人全員をヘリで救助

奄美大島の沖でプッシャー式のクレーン船「第八瑞穂丸」が岩場に座礁する事故が発生。国内のクレーン船事故としては近年稀にみる大惨事。幸いなことに乗組員の方は海上保安部のヘリで全員救助されたようです。
船舶

硬翼帆搭載の石炭輸送船「松風丸」がオーストラリアに初入港

世界初のウインドチャレンジャー(硬翼帆式風力推進装置)を搭載した石炭輸送船「松風丸」(しょうふうまる)がオーストラリアのニューキャッスルに初入港した。初入港に伴い、10月24日に現地で式典が行われた。
事件・事故

アイルランドの洋上風車で落雷による火災が発生

アイルランドの東、アイリッシュ海の沖合に建設された洋上風力発電所で落雷による火災が発生。
事件・事故

コスタリカで貨物船がコンテナクレーンに接触して倒壊寸前

コスタリカで貨物船に搭載されたクレーンが岸壁のコンテナクレーンに接触する事故が起きた。接触する瞬間の映像を見ると紙一重のところでコンテナクレーン倒壊という大惨事は回避できたようですが、深刻な損傷を受けているようです。
観光、レジャー

世界最大のクルーズ船 海に浮かぶ超巨大テーマパークの全貌公開

Royal Caribbean Internationalは、2024年1月に就航する「Icon of the Seas」の全貌を初公開。その世界最大となる巨大なクルーズ船の総トン数は25万トンを超える。乗員乗客定員は最大9,950人。
事件・事故

「海翔」八戸港へ「CRIMSON POLARIS」の撤去に向かう

2022年10月22日、長らく東京湾に停泊していた日本最大の起重機船「海翔」をはじめ「第3神好丸」「どうかい」「鳳旺丸」で構成された海翔船団が八戸港へ向けて東京湾を出港した。
起重機船-世界

中国で1,600トン吊りSEP起重機船の建造開始

中国の江蘇省 南通市 啓東市にある上海振華重工で起工式が行われ、1,600トン吊りSEP起重機船の建造が開始されたようです。あれ、また?という感じですが、国内向けだけでなく国外向けにも建造しているので建造ペースがすごいことになってます。
洋上風力発電

Goldwindがローター直径252mの巨大タービンナセルを公開

中国の風力タービンメーカーGoldwindは、福建省の「福建三峡海上風力発電国際産業パーク」で発電容量13.6MWとなる巨大風力タービンのナセルを公開。公開されたナセルを搭載する風車は、ローター直径252m、受風面積約5万m2で世界最大。
船舶

Van Oordの次世代ケーブル敷設船「Calypso」が進水

Van Oordの次世代ケーブル敷設船「Calypso」が建造されているルーマニアの造船所で進水。Van Oordのケーブル敷設船として「Nexus」に続き2隻目となる。2023年に完成予定。
着床式

オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始

オランダの「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で洋上風力発電所の建設作業が開始されたようです。行われたのはSiemens Gamesaの11MW風車タービン基礎となるモノパイル設置。
観光、レジャー

FIFAワールドカップで来場者のホテルとして3隻の大型客船をチャーター

2022年11月20日に開幕するFIFAワールドカップ カタール2022。世界中から集まる来場者に提供する宿泊設備として主催者が大型客船を3隻チャーター。大会期間中、ドーハのクルーズターミナルに停泊する大型客船をホテルとして使用できる。
洋上風力発電

DEMEが新開発のリフティングデバイスをアメリカの洋上風力で使用

DEMEは、Seaqualizeが開発した「Heave Chief 1100」を使用する契約を行った。アメリカの「Vineyard Wind 1」に従事する設置船に配備。ジョーンズ法により制限を受ける風車機材の輸送船から荷受けする時に使用。
浮体式

Windcatcherという巨大な洋上風車に3億円の技術開発助成金

Windcatcherという複数の風車を組み合わせた巨大な浮体式洋上風車の支援として、ノルウェー政府系企業のEnovaから2,224万ノルウェークローネ(約3億円)の技術開発助成金が授与。2023年にパイロット版がノルウェー沖に設置予定。
船舶

NECが光海底ケーブル敷設船の長期チャーター契約を締結

NECはイギリスのGlobal Marine Systemsと45カ月間にわたる光海底ケーブル敷設船のチャーター契約を締結。海底ケーブルシステムの提供体制を強化し、世界的なデータ通信量の増加にともなう海底ケーブル敷設需要の拡大に対応。
起重機船、クレーン船

中国で魔改造を施されたSEP起重機船が誕生

2018年に建造された「港航平9」(GANG HANG PING 9)という船名の1,200トン吊りSEP起重機船のアップグレードが完了。改造内容は主にメインクレーンの揚程増加。これはさすがにちょっとやり過ぎじゃないですか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました