☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始

オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始洋上風力発電

 オランダの「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で洋上風力発電所の建設作業が開始されたようです。行われたのはSiemens Gamesaの11MW風車タービン基礎となるモノパイル設置。

スポンサーリンク

Hollandse Kust Noord 建設開始

SEP起重機船「Innovation」によるモノパイル設置
出典:CrossWind

 オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海に建設される「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で風車タービン基礎となるモノパイルの設置が開始されました。

 設置しているモノパイルは全長74.5m、最大直径8.2m、重量919トン(平均)。つい先日、Sif Groupによって設置する70本のうち最初の2本が製造されたばかり。TPレスモノパイルという仕様でTP(トランジションピース)の設置が不要。モノパイル設置作業は2023年半ばまでに完了する予定。

 モノパイル設置を行うのはDEME所有の1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」。2020年に事業者の「CrossWind」と契約を行ったのは「Van Oord」なので傭船というか下請けみたいな感じでしょうか。「Van Oord」はアレイケーブル設置、風車基礎の建造・設置、風車タービンの輸送・設置について契約しています。

 今後、「Van Oord」からは600トン吊りSEP起重機船「MPI Resolution」、ケーブル敷設船「Nexus」が配備される予定。

Hollandse Kust Noord Wind Farmの概要

  「Hollandse Kust Noord Wind Farm」は、オランダのエグモント・アーン・ゼー(Egmond aan Zee)の海岸から18.5km沖合に建設中の洋上風力発電所。発電容量は759MW、2023年末までに完成予定。

「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の概要
  • 設置位置:オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海、水深15~28m
  • 発電容量:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、11MW×69基=759MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(TPレス)
  • 風車形状:ローター直径 200m、ブレード長さ 97m、ハブ高さ 125.5m
  • 完成予定:2023年末

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました