オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始

オランダのHollandse Kust Noordで洋上建設作業開始着床式

 オランダの「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で洋上風力発電所の建設作業が開始されたようです。行われたのはSiemens Gamesaの11MW風車タービン基礎となるモノパイル設置。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hollandse Kust Noord 建設開始

SEP起重機船「Innovation」によるモノパイル設置
出典:CrossWind

 オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海に建設される「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で風車タービン基礎となるモノパイルの設置が開始されました。

 設置しているモノパイルは全長74.5m、最大直径8.2m、重量919トン(平均)。つい先日、Sif Groupによって設置する70本のうち最初の2本が製造されたばかり。TPレスモノパイルという仕様でTP(トランジションピース)の設置が不要。モノパイル設置作業は2023年半ばまでに完了する予定。

 モノパイル設置を行うのはDEME所有の1,500トン吊りSEP起重機船「Innovation」。2020年に事業者の「CrossWind」と契約を行ったのは「Van Oord」なので傭船というか下請けみたいな感じでしょうか。「Van Oord」はアレイケーブル設置、風車基礎の建造・設置、風車タービンの輸送・設置について契約しています。

 今後、「Van Oord」からは600トン吊りSEP起重機船「MPI Resolution」、ケーブル敷設船「Nexus」が配備される予定。

Hollandse Kust Noord Wind Farmの概要

  「Hollandse Kust Noord Wind Farm」は、オランダのエグモント・アーン・ゼー(Egmond aan Zee)の海岸から18.5km沖合に建設中の洋上風力発電所。発電容量は759MW、2023年末までに完成予定。

「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の概要
  • 設置位置:オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海、水深15~28m
  • 発電容量:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、11MW×69基=759MW
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(TPレス)
  • 風車形状:ローター直径 200m、ブレード長さ 97m、ハブ高さ 125.5m
  • 完成予定:2023年末
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました