2022-10

新技術・工法

Liftekのウォーターバッグを使用した2,420トンの荷重試験

Liftek Waterbagsという水を袋に入れてテストウェイトにする製品を使用した荷重試験。クレーンのフックから無数にぶら下がる水の入った袋の重量は2,420トン。
起重機船-世界

Maerskのジョーンズ法に対応するSEP船の鉄鋼切断式

2022年10月13日、シンガポールのSembcorp MarineでMaerskが発注したSEP起重機船の鉄鋼切断式が行われた。建造されるSEP起重機船は、ジョーンズ法に対する風車機材の輸送問題に対応するため少し変わった仕様になっている。
起重機船、クレーン船

3,500トン吊りジブ固定式の起重機船が完成

今どき少し珍しいジブ固定式の新造船が建造されたようです。
スポンサーリンク
起重機船、クレーン船

SALが新造船4隻の800tクレーンをLiebherrに発注

SAL Heavy Liftは2022年9月に中国の造船所と建造契約を行った「Orca Class」と呼ばれる4隻の新造船に各2基の800トン吊りクレーンを搭載するため、8基の800トン吊りクレーンをLiebherrに発注したことを発表。
事件・事故

八戸港沖で座礁した貨物船 撤去予定の船尾部分が消えた!?

2021年8月に青森県八戸港の沖で座礁した木材チップ専用船 CRIMSON POLARIS。10月前半には撤去完了する予定だった船尾部分が海面から確認できなくなっているようです。
洋上風力発電

Siemens GamesaがSG14-236DDプロトタイプの組立を開始

Siemens Gamesaは、デンマークのウスタイル(Østerild)試験場に設置するオフショアプロトタイプSG 14-236 DDの組立準備を開始したことを発表。
石油プラットフォーム

Sleipnirが全長130mのフレアタワーを設置

先日、北海にあるタイラ油田で17,000トンのトップサイド設置をおこない、吊り上げ世界記録を更新した「Sleipnir」が残りの2つのブリッジとフレアタワーを設置してタイラ油田での作業を完了した。
洋上風力発電

Siemensの14MW風車が24時間出力359MWhを記録

Siemens GamesaのオフショアプロトタイプSG 14-222 DDが24時間で359MWhの出力を記録。この記録は、1つのタービンが24時間で出力した電力では最大。
橋梁

突撃!カネオくん「どデカすぎる!“巨大橋”のお金の秘密」

NHKで放送された有吉のお金発見 突撃!カネオくん「どデカすぎる!“巨大橋”のお金の秘密」 (NHK総合1、初回放送日: 2022年10月8日)で明石海峡大橋、東京ゲートブリッジ、広島空港大橋の建造秘話が紹介されてました。
船舶

世界初となる硬翼帆搭載の石炭輸送船「松風丸」完成

世界初となるウインドチャレンジャーと呼ばれる硬翼帆式風力推進装置を搭載した石炭輸送船が完成。風力を船の推進力として活用する「ウインドチャレンジャープロジェクト」は、2018年1月から産学共同研究を引き継ぐ形で商船三井と大島造船所が共同で開発
浮体式

五島市沖洋上風力で海上の風車組立作業開始

いよいよ始まった五島市沖洋上風力発電事業の海上作業。風車基礎の構造が秋田で設置が完了した着床式とは異なる浮体式が採用されている。大規模な商用の浮体式洋上風力としては国内初。日本の浮体式洋上風力の先陣を切ったこの工事には世界が注目している。
着床式

Hollandse Kust Noord 最初のTPレスモノパイル完成

オランダで建設中の「Hollandse Kust Noord」で使用するモノパイルのうち最初の2本が完成。製造したのはオランダのSif Group。風力基礎などの鋼製品製造を手掛け、身近なところでは秋田洋上風力のMPとTP製造を行っている。
着床式

DEME「Orion」がオランダで3,500トンの洋上変電所設置

オランダで建設中の「Hollandse Kust Noord offshore wind farm」で洋上変電所の設置が行われた。設置を行ったのはベルギーのDEMEが所有する5,000トン吊りクレーン船「Orion」。
観光、レジャー

イギリスの砂浜に「SEE MONSTER」出現

パブリックアートとしてイギリスの砂浜に姿をあらわした「SEE MONSTER」。一般公開が始まり、実際に頂上まで上がって体験する事が出来るそうです。夜には400機のドローンを使用したドローンショーも開催。
起重機船-日本

清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開

2022年10月5日、清水建設は兵庫県相生市にあるジャパンマリンユナイテッドで完成したSEP起重機船「BLUE WIND」を公開した。搭載されているクレーン能力は2,500トン吊り。SEP起重機船としては世界最大。
着床式

Fécamp洋上風力発電所 71基の重力式基礎を設置完了

フランスで建設中の「Fécamp offshore wind farm」で5,000トン/基の重力式風車基礎71基の設置が完了。今後は風車基礎へ砂利を投入、アレイケーブル設置、2023年上半期から風車設置の予定。完成予定は2023年末。
起重機船-世界

【世界記録】Sleipnirが17,000トンを吊り上げて記録更新

これまでの吊り上げ世界記録を大幅に塗り変える17,000トンという大記録が誕生。記録を更新したのは世界最大の吊り上げ能力を誇るオランダの「Sleipnir」。半潜水式と呼ばれる船体に搭載されているクレーンの最大吊り上げ能力は2万トン。
国内ニュース

先月、東京で開催されたKOC「KING OF CONCRETE」

KOCといえば「キングオブコント」ですが、2022年9月に東京で開催されたKOCは「KING OF CONCRETE2022」。本家の「キングオブコント2022」決勝は10月8日(土)19時~TBS系列『お笑いの日2022』で生放送予定。
浮体式

フランス初の浮体式洋上風力試験プロジェクトで進む浮体の建造

フランス初の浮体式洋上風力試験プロジェクト「Provence Grand Large」で建造されている浮体部分に最初のトランジションピースが設置された。2023年に完成予定で8.4MWの浮体式風車3基をフランス南部の沖合に設置。
着床式

「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海へ

Aフレーム改造を行った「Thialf」がグレートベルト・リンクを通過してバルト海に入った。目的は「BALTIC EAGLE」の洋上変電所設置と「Arcadis Ost I」の風車タービン設置。
浮体式

中国の明陽智能が浮体式のデュアル洋上風力プラットフォームを発表

2022年9月29日、中国の明陽智能が「OceanX」という名前の浮体式デュアル洋上風力プラットフォームを発表。「OceanX」は、1つの浮体に8.3MWの風車2基を搭載し、合計容量は16.6MW。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました