☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国の洋上風力 重量4,000トンの浮体基礎が完成

中国の洋上風力 重量4,000トンの浮体基礎が完成 洋上風力発電

 中国の山東省にある海洋石油工程(青島)有限公司で製造していた浮体式洋上風力の巨大な浮体基礎が完成。設置が行われる海南省の沖合に近い珠海までの運搬が行われたようです。今後、風力タービンを搭載し、海南省の沖合136kmに設置が行われる予定。

スポンサーリンク

中国の洋上風力 重量4,000トンの浮体基礎が完成

巨大な浮体基礎の進水
出典:Youtube | Ariana News

 中国の山東省 青島市にある海洋石油工程(青島)有限公司で製造していた浮体式洋上風力の巨大な浮体基礎が完成。その形状は1辺が80m以上の三角形で、各頂点と中心にある4つの円柱形浮体を連結したもの。高さは約35m、重量は約4,000トン。

 「海油观澜号」という名称がつけられた浮体基礎は造船所のドックから進水したあと、山東省 青島市から珠海へ曳航。曳航距離は1,420海里、約15日間かけて曳航されたようです。

 風力タービンを搭載した後に設置が行われるのは、海南省の海岸から136km沖合、水深120mの海域。付近には石油プラットフォームがあり、将来的に洋上風力タービンで発電した電力は、その施設へ送電される予定。

 設置海域が水深100m以上、沖合距離100km以上の洋上風力発電設備を中国で報じられているニュース記事では「ダブル ハンドレッド」と呼び、世界初だと紹介されている。

出典:Youtube | Ariana News

 浮体基礎は多点係留で係留される予定で、付近の油田設備で使用していたFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の係留設備を一部利用する。この係留により風力階級17(55.9~60.9m/s)の風が吹いても耐えることが出来、最大で風速84m/sの暴風でも風車の安全が確保されるという。

 搭載される風力タービンは7.25MWで、年間発電電力量は22,000MWh。

巨大な浮体基礎を進水し、曳航開始する動画

 Youtubeリンク先:China’s First Deep-Sea Wind Power Platform

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました