「Dogger Bank B」洋上変電所設置

「Dogger Bank B」洋上変電所設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Dogger Bank B」洋上変電所設置

「Dogger Bank B」洋上変電所設置
「Saipem 7000」による「Dogger Bank B」洋上変電所トップサイド設置
出典:Dogger Bank Wind Farm

イングランド沖合の北海に建設している洋上風力発電所「Dogger Bank B」で洋上変電所の設置作業完了が発表されました。

2024年4月17日に発表された「Dogger Bank B」の洋上変電所設置は、1年前の2023年4月に設置された「Dogger Bank A」の洋上変電所に続き、「Dogger Bank Wind Farm」では2基目となる。

「Dogger Bank B」洋上変電所トップサイド設置完了
出典:Aibel

洋上変電所トップサイドの設置をおこなったのは14,000トン吊りクレーン船「SAIPEM 7000」。

トップサイドの形状は長さ75m、幅45m、高さ39m、重量9,100トン。水深は約28m。

トップサイドを支えるジャケットは、2023年に14,200トン吊りクレーン船「Thialf」で設置がおこなわれました。

「Dogger Bank Wind Farm」のOSSトップサイド3基はタイで製作

「Dogger Bank Wind Farm」に設置する洋上変電所3基のトップサイド製作は、すべてAibelによるもの。最終的な組立を除くほとんどはタイにあるAibelのヤードで製作。

「Dogger Bank B」に設置したトップサイドは、タイにあるAibelのヤードから重量物運搬船「BigLift Baffin」に搭載してノルウェーのハウゲスン(Haugesund)へ運搬。ノルウェーのAibelヤードでは、日立エナジーのHDVC(High Voltage Direct Current)と呼ばれる高圧直流送電技術を含む最終的な組み立てを実施。HDVC技術の他に、陸上から遠隔で運用をおこなう初の無人洋上変電所という特長がある。

3基目の「Dogger Bank C」洋上変電所トップサイドはタイを出港

2024年3月31日、Aibel Thailandは「Dogger Bank C」に設置する洋上変電所トップサイドが重量物運搬船「BIGLIFT BARENTSZ」に搭載され、タイを出港したことを発表。

重量物運搬船「BIGLIFT BARENTSZ」は順調に航行を続けており、目的地であるノルウェーのハウゲスンへは5月20日に到着する予定。AISで航跡を確認すると、スエズ運河を通らない喜望峰まわりのルートで航行していました。

重量物運搬船「BIGLIFT BARENTSZ」のAIS情報
出典:MarineTraffic
スポンサーリンク

「Dogger Bank Wind Farm」の概要

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました