ドイツの「Gode Wind 3」最初の11MW風力タービン設置

ドイツの「Gode Wind 3」最初の11MW風力タービン設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

ドイツの「Gode Wind 3」最初の11MW風力タービン設置

2024年5月8日、Ørstedはドイツ沖合の北海で建設を進める洋上風力発電所「Gode Wind 3」において1基目の11MW風力タービン設置が完了し、送電網への電力供給を開始したと発表。

Ørstedの掲載記事によると、CadelerのSEP起重機船「Wind Osprey」がSiemens Gamesa製の11MW風力タービン「SG 11.0-200 DD」を最初に設置したのは4月27日。その後、送電網への接続がおこなわれ最初の電力が供給されたのは5月7日だという。今後数週間のうちに残る22基の風力タービン設置が進められ、2024年内中に稼働を開始する予定。

SEP起重機船「Wind Osprey」は、2024年3月にオランダのスヒーダムでメインクレーンを載せ替える大規模アップグレードを終え、最大吊り上げ能力は1,200トンから1,600トンへ増強、揚程は甲板上132mから160mへアップグレードしています。

風力タービン設置は「Seaway Ventus」を加えた2隻体制

「Gode Wind 3」は、Ørstedがドイツ沖の「Borkum Riffgrund 3」と並行して建設が進められており、合わせて11MWの風力タービン「SG 11.0-200 DD」を106基設置する計画。

「Borkum Riffgrund 3」の風力タービン設置作業も今後数週間のうちに開始される予定となっており、106基の風力タービン設置作業は「Wind Osprey」に加えて、Seaway7の2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の2隻体制でおこなうという。

SEP起重機船「Seaway Ventus」は2023年11月に中国で引き渡しがおこなわれたばかりで、「Gode Wind 3」「Borkum Riffgrund 3」が初作業の現場。「SEAWAY VENTUS」は「BLUE WIND」とほぼ同仕様になっており、船体設計は両船ともに GustoMSC が手掛け、船体寸法やクレーンの最大吊り上げ能力は同じ。そして、ジブが伸縮するテレスコピッククレーンという点も同様。

スポンサーリンク

「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」の概要

「Gode Wind 3」の概要
  • 設置位置:ドイツ ノルダーナイ島から約32kmの北海
  • 発電容量:242MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、23基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2024年
「Borkum Riffgrund 3」の概要
  • 設置位置:ドイツ ボルクム島から約53kmの北海
  • 発電容量:900MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、83基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年

デンマークのØrstedによって開発が進められているドイツの着床式洋上風力発電所「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」。風力タービンはSiemens Gamesaの出力11MW「SG 11.0-200 DD」を合わせて106基設置する。運転開始の予定は規模の小さい「Gode Wind 3」(242MW)が2024年、「Borkum Riffgrund 3」(900MW)が2025年となっている。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました