5,000トン吊りクレーン船による洋上変電所トップサイド設置

5,000トン吊りクレーン船による洋上変電所トップサイド設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

5,000トン吊りクレーン船による洋上変電所トップサイド設置

出典:江苏华西村海洋工程服务有限公司
江蘇華西村海洋工程服務有限公司の掲載記事【2023年8月31日掲載】

华西5000圆满完成勒门项目、漳浦项目升压站 上部组块吊装作业

(華西5000はLemenプロジェクトとZhangpuプロジェクトのブースターステーションを正常に完了しました)

https://www.hxoes.com/news/403.html

5,000トン吊りクレーン船「华西5000」(HUA XI 5000)が2つの洋上変電所トップサイド設置を完了。設置したトップサイドの重量は、3,600トンと3,500トン。

クレーン船「华西5000」を運航する江蘇華西村海洋工程服務有限公司が2023年8月31日に掲載した記事によると、洋上変電所トップサイドの設置をおこなったのは「華能汕頭勒門二」(华能汕头勒门二、Huaneng Shantou Lemen 2)、「漳浦六鳌二期」(Zhangpu Liuao Phase 2)という2つの洋上風力発電所。

5,000トン吊りクレーン船「华西5000」

クレーン船「华西5000」は、全長178m、幅48m、深さ17mで建造されたのは、2012年5月。固定吊り最大5,000トン、旋回で3,000トンのクレーンを搭載。クレーンには、メインフック以外に2つのフックがあり、それぞれ900トン、160トンという能力。甲板上には200トン吊りのクローラークレーンも備えられている。

船名华西5000
(HUA XI 5000)
クレーン能力固定:5,000トン
旋回:3,000トン
長さ178m
48m
深さ17m
宿泊設備300床
建造年2012年5月
5,000トン吊りクレーン船「华西5000」
出典:江苏华西村海洋工程服务有限公司
スポンサーリンク

「船尾固定 + 船尾結合」ソリューション

江蘇華西村海洋工程に掲載されている記事によると、洋上変電所トップサイドの設置には ”「船尾固定 + 船尾結合」ソリューション” が用いられたそうです。以前、アジア最大のクレーン船「振華30」(Zhen Hua 30)による作業でも同様の手法が用いられており、気になっていました。

画像を見るとトップサイドを積んだ運搬船が到着した時点では通常の状態ですが、吊り上げ時にはAフレームから甲板上へ向かってワイヤーが伸びているのが分かります。なので、現場で脱着が可能なようです。

Aフレームから甲板上へ伸びるワイヤーがどのような役割を果たしているのか、掲載記事でも詳細については触れられていないので全貌が分からないのが残念。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました