☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国の2,200トン吊り低頭起重機船が橋桁の設置を開始

中国の2,200トン吊り低頭起重機船が橋桁の設置を開始 起重機船、クレーン船

 2021年10月に完成した中国の2,200トン吊り低頭起重機船「铁建大桥起1」(tie jian da qiao qi 1)が予定通り、「澳氹第四條跨海大橋」の橋桁設置を開始。

「铁建大桥起1」完成時の記事
スポンサーリンク

澳氹第四條跨海大橋

 マカオとタイパを結ぶ「澳氹第四條跨海大橋」の建設は2020年8月に着工している。橋の全長は約3.1km、そのうち約2.9kmが海上部。

 完成予定は2024年1月

低頭式の由来はマカオ国際空港

 👆上の地図を見ても分かるように、建設する「澳氹第四條跨海大橋」の南側にはマカオ国際空港があり、橋の建設海域では航空制限が60m以下になっているそうです。

橋桁の設置

建設中の「澳氹第四條跨海大橋」(北側から撮影)

 低頭起重機船「铁建大桥起1」による最初の橋桁設置が行われたのは2022年5月27日、鋼桁で桁長さは60m

最大重量は2,000トン

 工事完了までに72基の橋桁設置が行われる予定で、最も重たい橋桁重量は2,000トン

 1基目の橋桁設置では起重機船の4つあるメインフックの内、2つだけを使用して設置している。2,200トン吊りなので、桁重量は1,000トン未満なのでしょう。見た感じの桁幅も狭いので、設置したのは北側の分岐した支流部分なのかも。

中国の2,200トン吊り低頭起重機船が橋桁の設置を開始
1基目の橋桁設置を行う低頭起重機船「铁建大桥起1」

工事の進捗状況

 Wikipediaに工事の進捗が分かり易い定点画像を載せてくれてる方がいました。

 リンク先:澳氹第四條跨海大橋 – 维基百科,自由的百科全书 (wikipedia.org)

2022年7月に撮影された建設中の「澳氹第四條跨海大橋」(南側から撮影)
出典:Wikipedia | Wprot – 自己的作品,CC BY-SA 4.0链接

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました