台湾洋上風力のマーシャリングに5,000トンリングクレーンを選択

台湾洋上風力のマーシャリングに5,000トンリングクレーンを選択 洋上風力発電
スポンサーリンク

台湾洋上風力のマーシャリングに5,000トンリングクレーンを選択

オランダの Mammoet と台湾の Giant Heavy Machinery Service の合弁会社 Mammoet-Giant Taiwan は、Ørsted Taiwanが台湾の彰化県沖で開発を進めている「Greater Changhua 2b and 4 offshore wind farms」においてマーシャリング作業を提供するために選ばれたことを発表した。

「Greater Changhua 2b and 4 offshore wind farms」は、出力14MWの風力タービン66基を設置する計画で総発電容量は920MW。風力タービン基礎にはサクションバケットジャケットを採用しており、重量は2,500トンになるという。Mammoet-Giant Taiwan は、このジャケットのマーシャリング作業を担当。

 マーシャリング作業とは?

マーシャリング作業とは、港内で資機材などに関して搬入時の荷受けや積み出しに伴う揚重、ヤード内での運搬作業のことをいう。洋上風力以外でもコンテナを取り扱う業務で、ヤード内においてコンテナ船への揚げ積みプランに基づき、あらかじめコンテナを配列することをマーシャリング作業というそうです。”marshalling”には、整列・整理する、集めるといった意味がある。

最大5,000トンのリングクレーン「SK 350」を想定

Mammoet の掲載記事によると、マーシャリング作業で想定しているクレーンは最大5,000トンの吊り上げ能力をもつリングクレーン「SK 350」。メインブームは最大約130m、フライングジブは最大100mまで延長が可能で、それぞれの長さを調整して組み合わせることで現場条件に合ったクレーンにすることが出来る。

クレーンが走行するレールの外径は旋回中心から54.9mあり、👆上の画像のように半円状にだけ走行レールを設置するとしても110m×60m程度のスペースが必要。

Mammoet の掲載記事では特に設置場所や設置時期についての記述は無いので、どこにいつ設置するのかは分かりません。現場への輸送距離が短くて、巨大なリングクレーンを設置できるヤードスペースがあるのは台中港くらいしか思い当たらないので、恐らく台中港に設置されると思います。

重量2,500トンのジャケット揚重時の「SK 350」仕様

Mammoet のホームページには、リングクレーン「SK 350」の荷重曲線が掲載されています。せっかくなので、揚重時の検討をしてみることに。

取り扱うジャケットの重量は、最大2,500トン。寸法は不明なので推測すると、「Greater Changhua 2b and 4」設置エリアの水深は最大44m、底面の吸引部分と設置後に水面上に出る高さを考慮すると最大約60mほどの高さ。使用する吊具を含めると輸送台船搭載時のアウトリーチで揚程80m~90m必要。

リングクレーン「SK 350」の能力表で吊り上げ能力2,500トン以上、揚程90m以上という条件を満たした上でアウトリーチが最大になるのは、メインブーム124.6m、フライングジブ37.7mという組み合わせ。アウトリーチ55mの時に最大揚程135m、最大吊り上げ重量2,670トン。

スポンサーリンク

台湾の興達港に設置されているリングクレーン「PTC200-DS」

興達港のリングクレーン「PTC200-DS」
出典:Mammoet

台湾南西部の高雄市にある興達港には、すでにMammoet のリングクレーン「PTC200-DS」が設置されています。Mammoet-Giant Taiwan によって、ジャケットの製造・組み立て、輸送船への積み込み作業に使用されているそうです。

リングクレーン「PTC200-DS」は、メインブーム最大140m、フライングジブは最大106mまで延長が可能。最大吊り上げ重量は 3,200トン。

離れた場所からブームの先端だけ見えたら、起重機船がいると思ってしまいそう。さらにMammoetには、「SK 6,000」という6,000トン吊りのリングクレーンが製品ラインナップに並んでいます。まだ、実機の設置はおこなわれていないと思いますが。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました