「Orion」がMoray Westでモノパイル設置を完了

「Orion」がMoray Westでモノパイル設置を完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Orion」がMoray Westでモノパイル設置を完了

5,000トン吊りクレーン船「Orion」によるモノパイル設置
出典:DEME

2024年4月15日、DEMEは5,000トン吊りクレーン船「Orion」でおこなっていたMoray Westでのモノパイル設置が完了したことを発表しました。スコットランド沖で建設が進められている「Moray West offshore wind farm」では、Siemens Gamesa製の風力タービン「SG 14-222 DD」60基と2基の洋上変電所を設置する計画となっており、そのうち「Orion」が担当していたのはモノパイル29基の設置。

「Moray West offshore wind farm」でクレーン船「Orion」による最初のモノパイル設置がおこなわれたのは2024年2月。DEMEの掲載記事によると29基のモノパイル設置作業は約2カ月という短期間で迅速に施工を完了。最大重量2,000トンの巨大モノパイルをアンカーによる係留はおこなわず、完全にDP制御下で設置したという。

DEMEは、迅速な施工に大きく貢献した設備としてパイルグリッパーとバイブロハンマーを挙げています。パイルランリスクがある場所では、1次打設としてバイブロハンマーを使用し、最終打設深度への打ち込みには油圧ハンマーを使用。

CAPE Hollandの掲載記事によると、「Moray West offshore wind farm」向けとして、DEMEへ「CAPE VLT-640 Quad」、Boskalisへ「CAPE VLT-640 Triple」がそれぞれ納入されているようです。

SEP起重機船「Wind Orca」による風力タービン設置

「Orion」によるモノパイル打設が終わった「Moray West offshore wind farm」では、引き続き風力タービン設置に向けてSEP起重機船「Wind Orca」による準備がおこなわれているようです。

AIS情報によると、風力タービン設置をおこなうSEP起重機船「Wind Orca」は4月13日に拠点港であるナイッグへ到着。4月から10月の期間で風力タービン設置作業が実施される予定となっており、部材積み込みなど準備が整い次第、「Wind Orca」による設置作業が開始されるものと思われる。

施工を完了した「Orion」はアメリカへ

担当分の施工を完了した「Orion」はというと、4月15日にインバーゴードンを出港してアメリカへ。DEMEの掲載情報では4月下旬にバージニア州のノーフォーク港へ到着する予定。

アメリカではDominion Energyがバージニア州沖で開発を進める「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」のモノパイル設置をおこなうことが明らかにされています。DEMEは、モノパイル基礎設置に加えて洋上変電所の設置も請け負っており、そちらも「Orion」で施工する可能性が高い。

結構ハードなスケジュール。

スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」の概要

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました