Borkum Riffgrund 3 Offshore Wind Farm

Borkum Riffgrund 3 Offshore Wind Farm
スポンサーリンク

概要

名称Borkum Riffgrund 3 Offshore Wind Farm
設置位置ドイツ ボルクム島から約53kmの北海
水深30m
発電容量913MW
基礎構造着床式、モノパイル
タービンメーカーSiemens Gamesa
風力タービン11MW「SG 11.0-200 DD」
設置基数83基
運転開始2025年
事業者Ørsted、Nuveen Infrastructure
その他

位置図

スポンサーリンク

関連記事

Jan De Nulがドイツの洋上風力プロジェクト2つを始動
Jan De NulがØrstedと契約しているドイツの洋上風力プロジェクト「Gode Wind 3」及び「Borkum Riffgrund 3」の建設に関して、モノパイルを製造場所から最寄りの港へ運搬し、プロジェクトを開始したことを発表。
次世代洋上風車設置船「Les Alizés」初作業へ向け準備
ベルギーの Jan De Nul が所有する次世代浮体式洋上設置船「Les Alizés」は、建造されてから最初の施工となるドイツの洋上風力発電所「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル及び洋上変電所の設置に向けて準備を開始。
大型クレーン船による「Gode Wind 3」洋上変電所設置
デンマークのØrstedによって開発が進められているドイツの着床式洋上風力発電所「Gode Wind 3」で洋上変電所の設置が完了。設置をおこなったのは、5,000トン吊りクレーンを搭載した次世代浮体式洋上設置船「Les Alizés」。
「BLUE WIND」と同型船「SEAWAY VENTUS」完成
2023年11月末、中国の招商局重工(CMHI)で建造していたSeaway7の2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」が完成し、引き渡しがおこなわれました。
「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置開始
2023年12月13日、ドイツのボルクム島から約53km沖合の北海で建設されている「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置作業が始まり、最初の1基目が設置されたことをJan De Nulが明らかにしました。
高さ84m、重量23,550トンのプラットフォームがノルウェーへ
2023年10月にシンガポールを出港した巨大な変換プラットフォーム「DolWin epsilon」がノルウェーのハウゲスンにあるAibelのヤードに到着。今後、日立エナジーのHDVC技術を搭載したコンバーターや変圧器などが設置される予定。
SEP船「Wind Osprey」アップグレード完了
およそ5ヶ月間に渡りオランダのスヒーダムで実施されていたSEP起重機船「Wind Osprey」のアップグレードが完了。
ドイツ「Borkum Riffgrund 3」で風力タービン設置
2024年6月20日、Ørstedはドイツ沖合の北海で建設を進める洋上風力発電所「Borkum Riffgrund 3」において1基目の11MW風力タービン設置が完了したと発表。
タイトルとURLをコピーしました