☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置開始

「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置開始

Jan De Nulの掲載記事【2023年12月13日掲載】

JAN DE NUL KICKS OFF ØRSTED‘S BORKUM RIFFGRUND 3 OFFSHORE WIND FARM CONSTRUCTION

(ジャン・デ・ヌルがオルステッドのボルクム・リフグランド3沖合風力発電所建設を開始)

https://www.jandenul.com/news/jan-de-nul-kicks-orsteds-borkum-riffgrund-3-offshore-wind-farm-construction

2023年12月13日、ドイツのボルクム島から約53km沖合の北海で建設が進められている「Borkum Riffgrund 3 offshore wind farm」で風力タービン基礎となるモノパイル設置作業が始まり、最初の1基目が設置されたことをJan De Nulが明らかにしました。

デンマークのØrstedによって開発が進められている「Borkum Riffgrund 3 offshore wind farm」はSiemens Gamesaの出力11MW風力タービン「SG 11.0-200 DD」を83基設置する計画で、総発電容量は900MW。2025年に運転を開始する予定。

スポンサーリンク

5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」によるモノパイル設置

「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置開始
「Borkum Riffgrund 3」で1本目のモノパイル設置をおこなう5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」
出典:Jan De Nul

モノパイル設置作業をおこなうのは、Jan De Nul が所有する5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」。中国で建造され、2023年1月に完成・引き渡しのあと2023年夏から「Gode Wind 3」でモノパイル設置作業などに従事していました。「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」のモノパイル107本(風力タービン基礎:106本、変電所基礎:1本)を設置する予定で、「Gode Wind 3」のモノパイル設置は完了したという。

「Les Alizés」による1本目のモノパイル設置を報じる記事に掲載されている画像では、全長236mの巨大な船体に5本のモノパイルを積んできるのが確認できます。

設置するモノパイルは、ドイツのノルデンハムにあるSteelwindとデンマークのLindøにあるBladt Industriesで製造されており、最大のもので長さ約100m、重量1,500トンにもなる。「Borkum Riffgrund 3」で設置する風力タービンはVestas製の11MW。

最近、日本国内で選定事業者が公表された洋上風力発電所に設置予定の風力タービンは15MWと18MW。設置海域の水深や海底地質など様々な条件によって選択される基礎構造は異なり、日本ではジャケット式が採用される可能性がありますが、もしもモノパイル式を採用するとなると今回「Borkum Riffgrund 3」で設置が開始されたモノパイルよりも、はるかに巨大なモノパイルを設置しなければならない。国内にいる洋上風力向けの作業船で設置作業が出来そうなのは、現状だと清水建設の「BLUE WIND」しかいない。

なので、施工的に基礎構造はジャケット式が採用される可能性が高そうですが、Ørstedが掲載している「Borkum Riffgrund 3」でモノパイル設置作業をおこなう様子を見ると、国内の既存大型起重機船で2,000トン級のモノパイル設置をおこなう1つの方法になるかもしれないと思いました。

船名Les Alizés
クレーン能力(主)5,000トン
(補)1,500トン
揚程(主)125m
(補)167m
長さ236.8m
52m
深さ16m
喫水10.5m(最大)
DPSDYNAPOS-AM/AT-R
(Class 2 相当)
載貨重量トン数61,000トン
貨物甲板面積9,300m2
甲板強度30トン/m2
アジマススラスター3,000kW×4
格納式スラスター3,250kW×2
バウスラスター2,600kW×2
最大速力13ノット
宿泊設備150人
(1×120室、2×15室)

― 5,000トン吊りクレーン船「Les Alizés」に関する記事 ―

スポンサーリンク

モノパイル建て込みにSEP船「JB 117」を使用

SEP船「JB 117」を使用したモノパイルの建て込み
出典:Ørsted

ØrstedがLinkedInへ投稿した「Borkum Riffgrund 3」で最初のモノパイルを設置する作業の画像では、大きなパイルグリッパーを搭載したSEP船「JB 117」をモノパイル建て込み用として使用していました。

モノパイルの建て込みが完了してもSEP船「JB 117」はクレーンをジブレストから起こしていないので、クレーン作業をする気は全く無さそう。モノパイル打設は「Les Alizés」に積まれている油圧ハンマーを使用したとみられます。この方法だとSEP船ではない「Les Alizés」に動作補償機能が付いたパイルグリッパーを搭載する必要が無くなり、一見するとSEP船を贅沢に使っているようにも思えますが効率的ともとれる。

日本の秋田港・能代港洋上風力発電所ではモノパイルの建て込みに起重機船「海翔」を使用していたそうなので、同じ方法で2,000トン級のモノパイル設置は可能なのかも。建て起こし設備を使用せず、起重機船のみでモノパイルを建て起こす場合は、起重機船「海翔」であっても最大吊り上げ能力4,100トンの半分2,050トンが上限になってしまう。なので、風力タービンの大型化が進んでいくと考えるなら「Les Alizés」「Orion」「Bokalift 2」「Green Jade」などのようなSEP船ではなく、DP搭載の大型クレーン船がいずれ必要になりそう。

あと、導材みたいな使われ方をしているSEP船「JB 117」を見て思ったのは、揚程の小さなSEP船は洋上風力事業で使い道がほとんど無いということ。「柏鶴」が心配。

船名JB 117
クレーン能力1,000トン
長さ75.9m
40.0m
深さ6.0m
レグ長さ80.0m
DPSDP2
建造年2011年
1,000トン吊りSEP起重機船「JB 117」
出典:Jack-Up Barge BV
スポンサーリンク

「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」

「Gode Wind 3」の概要
  • 設置位置:ドイツ ノルダーナイ島から約32kmの北海
  • 発電容量:242MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、23基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2024年
「Borkum Riffgrund 3」の概要
  • 設置位置:ドイツ ボルクム島から約53kmの北海
  • 発電容量:900MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、83基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年

デンマークのØrstedによって開発が進められているドイツの着床式洋上風力発電所「Gode Wind 3」と「Borkum Riffgrund 3」。ともに2023年夏の着工が予定されており、風力タービンはSiemens Gamesaの出力11MW「SG 11.0-200 DD」を合わせて106基設置する。運転開始の予定は規模の小さい「Gode Wind 3」(242MW)が2024年、「Borkum Riffgrund 3」(900MW)が2025年となっている。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。