☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国の大金重工でデンマークの「Thor」向けモノパイル製造開始

中国の大金重工でデンマークの「Thor」向けモノパイル製造開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

中国の大金重工でデンマークの「Thor」向けモノパイル製造開始

2024年1月25日、中国のDajin Offshore Heavy Industry(大金重工)はデンマークの「Thor offshore wind farm」向けとなるモノパイルのFirst Cutting Ceremonyをおこない、製造開始を発表しました。モノパイルを製造するのは、山東省煙台市蓬莱区にある大金重工の蓬莱生産基地。

「Thor offshore wind farm」では、モノパイル基礎による着床式風力タービン72基を設置する計画で、そのうち半数にあたる36基のモノパイル製造を大金重工が受注。残りの36基についてはEEW SPCが製造する予定。

大金重工は先日、スコットランド沖の「Inch Cape Offshore Wind Farm」向けのモノパイルについても容量予約契約を締結しており、ヨーロッパで建設する洋上風力発電所への納入量を拡大している。

スポンサーリンク

製造能力の高い中国のモノパイル製造拠点

生産拠点大金重工
蓬莱生産基地
EEW SPC
ロストック
年間製造能力50万トン25万トン
最大直径11.5m12m
最大重量2,500トン2,500トン
最大長さ120m120m
モノパイル製造能力
大金重工の蓬莱生産基地
出典:Dajin Heavy Industry

デンマークの「Thor offshore wind farm」で設置が計画されている風力タービンはSiemens Gamesaの「SG 14-236 DD」。2023年4月に優先サプライヤー契約締結を発表した大金重工の掲載情報によると、モノパイルの長さは最大で100m、重量は1,500トンだという。最大直径は明らかにされていませんでしたが、大金重工とEEW SPCの製造能力から11.5m以下になりそう。

スポンサーリンク

「Thor offshore wind farm」の概要

「Thor offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:デンマーク ユトランド半島西部のトースミンデ沖 約22kmの北海、水深28m(平均)
  • 発電容量:1,000MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-236 DD(パワーブーストにより15MW)、72基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 運転開始:2027年

ドイツに本社を置く大手エネルギー会社のRWEが事業を進める「Thor offshore wind farm」はデンマークのユトランド半島西部にあるトースミンデ沖 約22kmの北海で建設を計画。Siemens Gamesaの風力タービン「SG 14-236 DD」72基を設置する予定で、RWEが公開しているウェブサイトの情報では単機出力15WMとなっているので、パワーブーストにより出力が引き上げられるものと思われる。

洋上・陸上に各1基の変電所設置を計画。運転開始は2027年の予定で、発電した電力はデンマークの100万世帯以上に供給されるという。

2023年6月にRWEは、Jan De Nulの3,200トン吊りSEP起重機船「Voltaire」と5,000トン吊り自航式クレーン船「Les Alizés」という次世代洋上風力設置船2隻の長期傭船契約を発表。そして、「Thor offshore wind farm」においてSEP起重機船「Voltaire」によるモノパイル設置を2025年に開始することが明らかにされています。傭船期間は同プロジェクト開始から5年以上。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。