☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Hollandse Kust Noordから最初の電力を送電

Hollandse Kust Noordから最初の電力を送電 洋上風力発電
スポンサーリンク

Hollandse Kust Noordから最初の電力を送電

 2023年6月19日、オランダの「Hollandse Kust Noord Wind Farm」で最初のグリーン電力が生産され、送電網を介して陸上に送電されたそうです。完全な稼働は2023年末までに開始される予定。

「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の概要
  • 設置位置:オランダ エグモント・アーン・ゼーから18.5kmの北海、水深15~28m
  • 発電容量:759MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 11.0-200 DD、11MW、69基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル(TPレス)
  • 風車形状:ローター直径 200m、ブレード長さ 97m、ハブ高さ 125.5m
  • 運転開始予定:2023年末

 「Hollandse Kust Noord Wind Farm」の建設をおこなう事業者は、Shell と Eneco のコンソーシアム CrossWind。オランダのエグモント・アーン・ゼー(Egmond aan Zee)の海岸から18.5km沖合に建設しており、総発電容量は759MW。Siemens Gamesa の出力11MW風力タービン「SG 11.0-200 DD」69基で構成され、風力タービン基礎のモノパイルはTPレスのタイプを採用。

 完全な運転開始は2023年末までに実施される予定で、年間3.3TWhのグリーン電力生産が見込まれている。

スポンサーリンク

風力タービン設置作業は24時間365日継続

SEP起重機船「Innovation」によるモノパイル設置
出典:CrossWind
「Orion」による洋上変電所トップサイド設置(重量=3,500トン)
出典:TenneT

 洋上で風力タービン基礎のモノパイル設置が開始されたのは、2022年10月中旬。そして、全てのモノパイル設置が完了したのは2023年2月。4カ月でモノパイル設置を完了。風力タービンは、2023年4月15日に1基目が設置され、こちらはまだ全69基の設置は完了していませんが、CrossWindに掲載されている記事によると24時間365日体制で作業が行われているそうです。

1,500トン吊りSEP起重機船「SEAJACKS SCYLLA」による風力タービン設置
出典:CrossWind
CrossWindの掲載記事

The installation of the wind turbines takes place around the clock, 24 hours per day and 7 days per week.

In the event of adverse weather conditions, construction work will be suspended. Weather permitting, the team onboard the Scylla can install one wind turbine in 24 hours.

(風力タービンの設置は、24時間365日体制で行われます。)

(悪天候の場合、工事は中止となります。 天候がよければ、Scylla に搭載されたチームは 24時間以内に1基の風力タービンを設置できます。)

 本来、洋上風力発電所の建設現場はこうなんでしょうね。快適な宿泊設備や交代人員の確保など労働環境は整備されていると思いますが、大変な事業であることは間違いない。

 風力タービン設置を開始した4月15日から数えて69日目は、6月22日。1日1基のペースで施工が進んでいれば設置完了する時期ですが、荒天による中止やトラブルなどで何日かは中止になっているはずなので、設置完了はもう少しあとになるでしょう。

 「Hollandse Kust Noord Wind Farm」付近のAIS情報を確認すると、施工しているSEP起重機船は1,500トン吊りの「SEAJACKS SCYLLA」から1,200トン吊りSEP起重機船「WIND OSPREY」に変わっていました。作業船の入れ替え時に間が空いているのか、ラップしているのかによっても完了時期は変わりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。