フランスの浮体式洋上風力試験プロジェクトで沖合に3基設置完了

フランスの浮体式洋上風力試験プロジェクトで沖合に3基設置完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

フランスの「Provence Grand Large」で浮体式洋上風車設置完了

2023年10月11日、フランスの浮体式洋上風力試験プロジェクト「Provence Grand Large」で3基の浮体式洋上風力タービン設置作業が完了しました。

1基目の浮体式洋上風力タービンを沖合へ曳航開始したのが9月初旬。1ヶ月弱の間に残り2基の風力タービンも順番に沖合へ曳航され、水深100mの設置海域で係留がおこなわれた。今後、発電した電力を送電するケーブルへの接続や一連のテストを経て、2024年初頭に運転開始が予定されているという。

係留方法にはTLP方式を採用

浮体式洋上風車の設置イメージ
出典:Provence Grand Large

3基の浮体式洋上風力タービンには、それぞれSiemens Gamesa製の出力8.4MW風力タービンを搭載。

浮体を係留する方法として採用しているのは、TLP(Tension Leg Platform)方式。

浮体の反力には、油圧ハンマーによる打撃ではなく杭内の海水を排水して貫入させるサクション(吸引)パイルアンカーを使用。サクションパイルアンカーと浮体をチェーンで繋ぎ、接続後に係留ラインを緊張し、浮体を降下させて設置している。

曳航時の浮体と設置時の浮体を比較すると、大きな力で浮体を海底側に引っ張っていることがよく分かる。

「Provence Grand Large」の概要

「Provence Grand Large」の概要
  • 設置位置:フランス フォス湾から17kmの地中海、水深約100m
  • 発電容量:25.2MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 8.4-167 DD、8.4MW×3基
  • 風車基礎:浮体式、TLP
  • 風車形状:ローター直径 167m、ブレード長さ 81.4m
  • 完成予定:2023年
スポンサーリンク

「Provence Grand Large」の関連記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました