☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国の大金重工がフランス洋上風力向けモノパイルの出荷開始

中国の大金重工がフランス洋上風力向けモノパイルの出荷開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

中国の大金重工がフランス洋上風力向けモノパイルの出荷開始

中国のDajin Offshore Heavy Industry(大金重工)はフランスの「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」向けとなる最初のモノパイル11本を出荷しました。

「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」はフランス西部のビスケー湾に建設が予定されており、Siemens Gamesa製の8MW風力タービン62基と洋上変電所1基の設置が計画されている。

モノパイルを運搬するのはBoskalisの半潜水式重量物運搬船「Black Marlin」。モノパイル1本当たりの重量は約700トン。AIS情報によると、2月3日に山東省煙台市蓬莱区にある大金重工の生産基地を出港し、フランスへ向けて航行中。

船名Black Marlin
総トン数37,938トン
載貨重量トン57,021トン
長さ217.8m
42.0m
深さ13.3m
最大甲板深度10m
船籍マルタ
建造年1999年
中国の大金重工がフランス洋上風力向けモノパイルの出荷開始
半潜水式重量物運搬船「Black Marlin」
出典:Dajin Heavy Industry
スポンサーリンク

「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」の概要

「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:フランス西部 ユー島から11.7kmのビスケー湾、水深19m~36m
  • 発電容量:496MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa 8MW、62基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2024年後半

「Iles d’Yeu et de Noirmoutier offshore wind farm」の事業者はEMYN(Éoliennes en Mer des Îles d’Yeu et de Noirmoutier)というコンソーシアム。構成企業には日本の住友商事が入っており、プロジェクトに出資・参画しています。

EMYNの構成企業
  • Ocean Winds(フランスのENGIEとスペインのEDP Renewableの合同会社)
  • Caisse des Dépôts et des Consignations(フランスの預金供託公庫)
  • Vendée Energie(フランスの再生可能エネルギー発電所の事業開発運営者)
  • 住友商事株式会社

風力タービン設置が計画されているエリアの海底地盤は、岩盤という非常に施工が困難な条件の場所。洋上変電所と風力タービン基礎の輸送・設置を契約しているのはDEMEで、同じフランスの「Saint-Nazaire offshore wind farm」で使用した最先端の掘削技術を再び使用することが明らかにされています。

注目しているのは、洋上変電所の設置作業。ジャケット及びトップサイドの設置をAllseasが所有する「Pioneering Spirit」がおこなう予定。設置時期は2024年前半。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました