☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Vestasがポーランドに15MW風力タービンのブレード製造工場

Vestasがポーランドに15MW風力タービンのブレード製造工場 洋上風力発電
スポンサーリンク

Vestasがポーランドに15MW風力タービンのブレード製造工場

Vestasのプレスリリース【2024年1月11日掲載】

Vestas plans to establish a second offshore factory in Poland to meet growing demand for offshore wind in Europe

(ヴェスタスは、ヨーロッパで高まる洋上風力発電の需要に応えるため、ポーランドに第2の洋上風力向け工場を設立する計画を立てている)

https://www.vestas.com/en/media/company-news/2024/vestas-plans-to-establish-a-second-offshore-factory-in–c3907387

2024年1月11日、Vestasはヨーロッパで高まる洋上風力発電の需要に応えるため、ポーランドのシュチェチン(Szczecin)に第2の洋上風力向け工場となるブレード製造工場を設立する計画を立てていることを明らかにしました。Vestasの主力洋上風力タービンである「V236-15.0 MW」のブレードを生産する予定で、計画では2026年に操業を開始し、1,000人以上の直接雇用を創出するという。

Vestasは2022年10月に同じくシュチェチンでナセル組立工場の建設を発表しており、2025年に操業が開始される予定で700人の直接雇用を創出。ブレードおよびナセル生産工場と既存拠点を合わせるとポーランドで2,500人以上の雇用が見込まれるそうです。

型式V236-15.0 MW
出力15MW
ブレード長さ115.5m
ローター直径236m
受風面積43,742m2
カットイン風速3m/s
カットアウト風速31m/s
発電電力量80GWh /年
設計寿命30年
V236-15.0 MW
出典:Vestas
スポンサーリンク

ポーランドで建設予定のブレード工場

ポーランドのシュチェチンに建設予定のブレード製造工場はポーランド北西部にあり、ドイツとの国境沿いに位置している。ポーランドではグダニスクに次ぐ規模の港湾都市。Vestasが2023年2月に買収したという建設予定地をGoogleマップ航空写真で確認すると何もない更地。製品を荷役する岸壁の水深確保なども考慮するとかなり壮大なプロジェクトのようです。

ポーランドに建設予定のブレード工場
出典:Vestas
ブレード工場の建設予定地
(Googleマップ航空写真)

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。