☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ディエップ・ル・トレポール洋上風力でDEMEが€3億以上の契約

ディエップ・ル・トレポール洋上風力でDEMEが€3億以上を契約 洋上風力発電
スポンサーリンク

ディエップ・ル・トレポール洋上風力でDEMEが€3億以上の契約

DEMEの掲載記事

DEME OFFSHORE AWARDED THREE CONTRACTS FOR DIEPPE LE TRÉPORT OFFSHORE WIND FARM

(DEME OFFSHORE は、DIEPPE LE TRÉPORT オフショア風力発電所の 3 件の契約を獲得しました)

https://www.deme-group.com/news/deme-offshore-awarded-three-contracts-dieppe-le-treport-offshore-wind-farm

 2023年5月3日、DEME Offshoreはフランス北西部に建設予定の「ディエップ・ル・トレポール洋上風力発電所」(Dieppe le Tréport Offshore wind farm)で総額3億ユーロ以上、日本円に換算すると440億円以上(1ユーロ=148円として換算)となる3件の契約を獲得したと発表。

 DEME Offshoreが契約した3件の内容は、風力タービン基礎と洋上変電所の輸送・設置と120kmに及ぶアレイ間ケーブルのEPCI契約。

3件の契約内容
  • 風力タービン基礎のジャケットと基礎杭の輸送・設置
  • 洋上変電所の基礎杭、ジャケット、トップサイドの輸送・設置
  • アレイ間ケーブルのEPCI(設計、調達、建造、設置)
スポンサーリンク

ディエップ・ル・トレポール洋上風力について

「ディエップ・ル・トレポール洋上風力発電所」の概要
  • 設置位置:フランスのディエップから17kmのイギリス海峡、水深14m~24m
  • 発電容量:496MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 8.0-167 DD、62基
  • 風車基礎:着床式、ジャケット
  • 完成予定:2025年

 フランス北西部のディエップ(Dieppe)から17km、ル・トレポール(le Tréport)から15.5km沖に建設予定の「ディエップ・ル・トレポール洋上風力発電所」(Dieppe le Tréport Offshore wind farm)。

 水深14m~24mの設置エリアには、Siemens Gamesaの出力8MW風車「SG 8.0-167 DD」62基が設置される予定。総発電容量は496MW、予定されている2025年の運転開始後は年間2,000GWhの電力生産が見込まれており、およそ85万人分の消費電力量に相当するという。

 「ディエップ・ル・トレポール洋上風力発電所」の事業者は、EMYN(Éoliennes en Mer des Îles d’Yeu et de Noirmoutier)というコンソーシアムで、Ocean Winds、住友商事株式会社などで構成されている。同じくフランスで建設予定の「Noirmoutier Offshore wind farm」も同じコンソーシアムによる事業者によってプロジェクトが進められており、洋上変電所と風力タービン基礎の輸送・設置について同様にDEMEと契約している。

「Noirmoutier Offshore wind farm」についての記事👇

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました