☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Dogger Bank B」洋上変電所ジャケット設置

「Dogger Bank B」洋上変電所ジャケット設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Dogger Bank B」洋上変電所ジャケット設置

出典:Heerema Marine Contractors

 Heerema Marine Contractorsの14,200トン吊りクレーン船「Thialf」がイングランド沖合で建設中の「Dogger Bank B」洋上変電所ジャケットを設置しました。

 先日、バルト海から戻った「Thialf」は「Dogger Bank A」の洋上変電所設置も行っています。

ジャケット基礎杭の建て起こし
出典:Heerema Marine Contractors

 洋上変電所のジャケットを固定する基礎杭の長さは不明ですが、「Thialf」の大きさから考えても相当な長さであることが分かります。杭のマーキングピッチと設置する海域の水深がおよそ30mであることから、杭長は120m程度であることが推測できる。

 かなりの長さですが、これまでに「Thialf」で設置した杭の中にはもっと長い杭があり、2005年にアフリカのアンゴラ沖で設置した杭の長さは190m。設置時の画像を見ると建て起こすだけでもかなり大変そうです。この190mの杭よりも長い杭を設置したことがあるのかどうかはよくわかりません。気になる方は👇のリンクから確認してみて下さい。

スポンサーリンク

世界最大の洋上風力発電所「Dogger Bank Wind Farm」

「Dogger Bank Wind Farm」の設置位置と送電先の陸上変電所
名称Dogger Bank ADogger Bank BDogger Bank C
発電容量1.2GW1.2GW1.2GW
風力タービンGE Haliade-X 13MWGE Haliade-X 13MWGE Haliade-X 14MW
設置数95基95基87基
風車基礎モノパイルモノパイルモノパイル
完成予定2023年2024年2026年

 設置位置はイングランド、ヨークシャーの東130km沖合にある北海。「Dogger Bank Wind Farm」は、Dogger Bank A、Dogger Bank B、Dogger Bank Cという3つのフェーズで開発されており、それぞれの発電容量は1.2GW、合わせると3.6GW。完成すれば世界最大の洋上風力発電所となる。

 プロジェクトは、英国エネルギー大手SSEグループ傘下のSSE Renewablesと石油会社Equinor、ノルウェーの洋上風力発電会社Vårgrønnという3社による合弁事業。出資比率は、SSE Renewables(40%)、Equinor(40%)、Vårgrønn(20%)。

 洋上風力タービン「Haliade-X」設置は、2023年春から開始される予定。設置を行うのは、Jan De Nulの3,200トン吊りSEP起重機船「Voltaire」。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました