☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Mooreastが仏浮体式風力試験プロジェクトの係留アンカー受注

Mooreastが仏浮体式風力試験プロジェクトの係留アンカー受注 洋上風力発電
スポンサーリンク

Mooreastが仏浮体式風力試験プロジェクトの係留アンカー受注

シンガポールに本拠を置くMooreastは、フランス南部の地中海側で進められている浮体式洋上風力試験プロジェクト「EolMed」の係留用アンカーを供給について受注を獲得。シンガポールにあるMooreastのヤードで製作がおこなわれ、2024年10月までに納入される予定。

MooreastのLinkedIn投稿によると、納入する係留アンカーのFirst Steel Cut Ceremonyがおこなわれ、製作が開始されたことを発表しています。

報道されている情報によると、納入するアンカーは「MA5S」というタイプ。現場で必要な把駐力に合わせてアンカー重量は選べるようですが、「EolMed」で設置する係留アンカーは重量35トン、把駐力1,210トン。ウェブ上で確認できる「MA5S」重量35トンの形状は長さ8.3m、幅9m、倒した状態の高さ5m。かなりの大きさ。

Mooreastの納入実績を見ると日本の福島沖でおこなわれた「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」にも納入されていたようです。他に、Mooreastのプレスリリース(2022年8月12日掲載)では、「五島市沖洋上風力発電事業」向けに15基のアーチブイ納入を発表しています。

スポンサーリンク

フランスの浮体式洋上風力試験プロジェクト「EolMed」

フランス南部のグリュイッサン沖18kmの地中海で建設予定の浮体式洋上風力試験プロジェクト「EolMed」は、セミサブバージ型の浮体基礎にVestas製の風力タービン「V164-10.0 MW」を設置する計画。設置数は3基で総発電容量30MW。

「EolMed」はフランス語の ”éoliennes”(風車)、”Méditerranée”(地中海)という意味があるようです。

当初は2024年半ばに運転開始の予定だったようですが、現在の予定では2025年6月に現地海域へ浮体設置、2025年第3四半期に運転開始の予定。

「EolMed」の概要
  • 設置位置:フランス グリュイッサン沖18kmの地中海、水深55m
  • 発電容量:30MW
  • 風力タービン:Vestas V164-10.0 MW、3基
  • 風車基礎:浮体式、セミサブバージ型(45m x 45m x 17m)
  • 風車形状:ローター直径 164m、ブレード長さ 80m、ハブ高さ 116m、全高 198m
  • 運転開始予定:2025年第3四半期(当初予定は2024年半ば)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。