シーメンス・ガメサが「Moray West」向けブレード運搬開始

シーメンス・ガメサが「Moray West」向けブレード運搬開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

シーメンス・ガメサが「Moray West」向けブレード運搬開始

Siemens Gamesaは、SNSへの投稿で「Moray West offshore wind farm」向けとなる風力タービンブレードの運搬を開始したと発表しました。

スコットランド沖で建設が進められている「Moray West offshore wind farm」では、Siemens Gamesa製の風力タービン「SG 14-222 DD」60基を設置する計画となっており、そのブレード長さは108m。ブレード製造場所のハル(Hull)から拠点港のナイッグ(Nigg)までの運搬距離は、約650km(約350海里)。そして、ブレードを運ぶ船は、Siemens Gamesaの専用運搬船「ROTRA MARE」。

運搬船「ROTRA MARE」のAIS情報を確認すると、2月14日にハルへ到着。ブレードの積み込みを終えて2月17日の夜遅くにハルを出港し、2月19日の朝7時頃にナイッグへ到着。運搬にかかった所要時間は32時間なので、平均速力は約11ノット。

Siemens Gamesaの専用運搬船「ROTRA MARE」というだけあってか、ハルのブレード製造施設前の岸壁をGoogleマップ航空写真で見てみると「ROTRA MARE」が映っていました。並べられているブレードの数の多さに驚き。

船名ROTRA MARE
総トン数7,702トン
載貨重量トン9,140トン
長さ154m
23m
船籍オランダ
建造年2009年
運搬船「ROTRA MARE」
出典:Amasus Shipping
スポンサーリンク

「Moray West」向けブレード製造は1年前に開始

「Moray West offshore wind farm」で設置する風力タービン「SG 14-222 DD」60基のブレード180枚はすべてハルのブレード製造施設で作られる予定。今から1年前の2023年2月に長さ108mのブレード製造開始が発表されています。108mの巨大ブレードを180枚も製造するとなると、年単位の準備が必要。風力発電所の建設には多くの人たちが関わっているということがよく分かります。

ハルのブレード製造施設は2016年に開設され、ヨーロッパの風力発電所に向けて2,000以上のブレード製造実績があるそうです。2022年には施設の生産量を2倍に拡張し、「SG 14-222 DD」の108mという巨大ブレード製造が可能になったという。

スポンサーリンク

【動画】運搬船へのブレード積み込み

スポンサーリンク

2025年には次世代洋上風力タービン部材の運搬船が完成予定

2023年5月にSiemens Gamesa、Amasus Offshore、deugro Danmark は次世代洋上風力タービン部材の運搬をおこなう輸送船2隻の建造を発表しています。2隻は中国の造船所で建造され、2025年の春から夏に引き渡しが行われる予定。

スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」の概要

「Moray West offshore wind farm」は、EDP Renewables と Engie の合弁会社 Ocean Winds および Ignitis Group によって開発されており、Siemens Gamesa「SG 14-222 DD」60基、洋上変電所2基の設置を計画している。変電所2基を含むすべての基礎は、モノパイルを採用。総発電容量は882MW、風力タービンの単機出力はパワーブーストにより14.7MWへ引き上げられる予定。

「Moray West offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:スコットランド沖合の北海、水深22m~57m
  • 発電容量:882MW
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 14-222 DD(パワーブーストにより14.7MW)、60基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2025年初頭
スポンサーリンク

「Moray West offshore wind farm」に関する記事

Siemensの14MW風車が24時間出力359MWhを記録
Siemens Gamesaが英国で108mのブレード製造を開始
「Moray West」モノパイル設置にCAPEのバイブロを使用
大金重工からMORAY WEST向けXXLモノパイル3隻目出荷
重量2,000トン、MORAY WEST向けモノパイル出荷
「Moray West」で最初のモノパイル設置完了
「Moray West」向けトランジションピースがUAEを出発
CAPEの巨大バイブロ 3,245トンの負荷試験に成功
「Moray West」向け洋上変電所トップサイドがヤードを出港
「Moray West」向け洋上変電所 スコットランドに到着
中国で製造の「Moray West」向けモノパイル出荷完了
「Moray West」向け初回TPがスコットランド到着
「Moray West」で1基目の洋上変電所設置完了
Amazonが洋上風力から電力調達、コーポレートPPA締結
CAPEが「VLT 640-TRIPLE」負荷テストの動画公開
「Moray West」でバイブロハンマーによるモノパイル設置
シーメンス・ガメサが「Moray West」向けブレード運搬開始
「Moray West」向けとなる14MW風力タービンナセル生産
SEP船「Wind Orca」アップグレード完了、4月に稼働予定
中国からMoray West向け風力タービンタワー輸送開始
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む