☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Vineyard Wind 1」の洋上変電所がデンマークを出発

「Vineyard Wind 1」の洋上変電所がデンマークを出発 洋上風力発電
スポンサーリンク

「Vineyard Wind 1」の洋上変電所がデンマークを出発

「Vineyard Wind 1」向けの洋上変電所を積んで出港する運搬船「GPO AMETHYST」
出典:Bladt Industries A/S

 2023年5月25日、デンマーク南部のMunkeboにあるBladt Industriesの生産拠点からアメリカの洋上風力発電所「Vineyard Wind 1」向けとなる洋上変電所トップサイド、ジャケット、基礎杭が運搬船「GPO AMETHYST」に積み込まれて出港。重量は、トップサイドが3,200トン、ジャケットが2,000トン。

 運搬船への積み込み作業にはMammoetのSPMT(Self-Propelled Module Transporter)が使用されています。そして、運搬されるトップサイドとジャケットの上部には設置時に使う吊具がセットされていますが、色が真っ白なので鋼製のワイヤーではなく高強度の繊維ロープなのかもしれません。詳細は不明。

 「Vineyard Wind 」は商業規模の洋上風力発電所としてアメリカ初で、運転開始予定は2023年。発電した電力を送電する海底ケーブルの設置はすでに開始されていますが、風力タービン設置はこれからという状況。つい最近、設置するGEの「Haliade-X 13 MW」62基のうち、最初の部材が到着したばかりで、これから本格的に風力タービンの設置がスタートする。

スポンサーリンク

半潜水式重量物運搬船「GPO AMETHYST」

半潜水式重量物運搬船「GPO AMETHYST」
出典:GPO Heavylift
船名GPO AMETHYST
総トン数49,091トン
載貨重量63,581トン
長さ225m
48m
深さ13.8m
最大深度15.0m
DPSDP2
甲板強度30トン/m2
速力13ノット
宿泊設備52人
半潜水式重量物運搬船「GPO AMETHYST」
出典:GPO Heavylift

 洋上変電所を運ぶ運搬船「GPO AMETHYST」はノルウェーのGPO Heavyliftが運航する半潜水式の重量物運搬船。2018年に台湾のCSBCで建造された同型船4隻の2番船。

 同型船の1番船は2017年に完成した「GPO Grace」、3番船は2019年の「GPO Sapphire」、4番船は2021年の「GPO Emerald」。4番船の「GPO Emerald」は世界最大のクレーン船「Sleipnir」が吊り上げ世界記録となる17,000トンのタイラ油田トップサイドを設置した時に運搬を行っている。

【吊り上げ世界記録】「GPO Emerald」が運搬したタイラ油田トップサイド設置

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました