トルコの造船所で24人が作業するフローティングドック沈没

トルコの造船所で24人が作業するフローティングドック沈没 事件・事故
スポンサーリンク

トルコの造船所で24人が作業するフローティングドック沈没

トルコ運輸・インフラ省 海事総局のX【2023年12月13日投稿】

Kocaeli’ndeki Yachtley Tersanesi’ne ait yüzer havuz, yat alma manevrası esnasında batmış olup görevli 24 personel kurtarılmıştır.
Çevre kirliliği raporlanmayan olayla ilgili Kocaeli Bölge Liman Başkanlığınca gerekli işlemler ve idari tahkikat başlatılmıştır.

(コジャエリのヨットレー造船所に属するフローティングドックがヨット回収作業中に沈没し、勤務中の職員24人が救助された。環境汚染が報告されなかったこの事件に関して、コジャエリ地域港湾管理局によって必要な手続きと行政調査が開始された。)

X | DENİZCİLİK GENEL MÜDÜRLÜĞÜ(@denizcilikgm

2023年12月13日、トルコ北西部のコジャエリ県にあるマルマラ海の東端、イズミット湾に面したヨットレー造船所でフローティングドックが沈没するという事故が起きた。事故に関して、トルコ運輸・インフラ省 海事総局はソーシャルメディアXのアカウントを通じ、事故当時にフローティングドックで作業していた24人が救助されて無事であることを伝えるとともに、油流出などの環境汚染は報告されておらず、地域港湾管理局により必要な手続きと行政調査が開始されたことを明らかにしました。

報道されている情報によると、フローティングドックの沈没事故はヨットを船上に搭載する過程で発生し、バラストポンプの故障が原因とみられている。船上で作業していた24人は全員救助されていますが、そのうち2人は命に別状は無いものの入院しているそうです。そして、船上に搭載しようとしていたヨットは脱出して沈没には巻き込まれなかったという。

スポンサーリンク

傾斜したフローティングドックから滑り落ちるクレーン

フローティングドックは沈没原因とみられているバラストポンプの故障により大きく傾斜。そして、船体の傾きによって両舷に搭載されているクレーンがレール上を滑走し、水没。

沈没した画像を見ると最初はクレーン先端部分が海面上に出ていたようです。しかしその後、深い位置へ沈んだのか転倒したのかは分かりませんが、最終的には完全に水没してしまったようです。

スポンサーリンク

【動画】傾斜したフローティングドックから滑り落ちるクレーン

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました