イタリアで900億円超のメガヨット押収、プーチン大統領のものか⁉

事件・事故
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メガヨット「Scheherazade」を押収

 イタリア政府は、EUの対ロシア制裁に関連してメガヨット「Scheherazade」を押収したそうです。

 メガヨット「Scheherazade」(シェヘラザード)は7億ドル相当(910億円、1ドル=130円換算)の価値があるとされており、ヨット、海軍艦艇、特殊艦艇を設計・建造しているドイツの造船所Lürssen(リュルセン)で建造、2020年夏に所有者へ引き渡された。

「Scheherazade」進水時の動画

 全長140m、総トン数10,167トン。船内には6つのデッキがあり、映画館、プール、サウナ、スポーツジムを備えている。船首、船尾の2カ所にヘリデッキも搭載。船籍はケイマン諸島。

「Scheherazade」の現在位置

 メガヨット「Scheherazade」は、2021年9月からイタリアのマリーナ・ディ・カララ港で修理を受けていたそうです。ドックサイドでの最近の活動は、乗組員が海に出る準備をしているようだったらしい。

 AIS情報を検索すると、少し古い位置情報でしたがイタリア北部のマリーナ・ディ・カララ港で発信されたものが最新でした。

「Scheherazade」のAIS情報、イタリアのマリーナ・ディ・カララ港
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件・事故船舶
Let's Share the Post!
Please Follow me!
Crane1000

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました