☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Jパワーなど14社共同で浮体式洋上風力技術研究組合設立、活動開始

Jパワーなど14社共同で浮体式洋上風力技術研究組合設立、活動開始 国内ニュース
スポンサーリンク

Jパワーなど14社共同で浮体式洋上風力技術研究組合設立、活動開始

2024年3月15日、Jパワーなど14社は共同で浮体式洋上風力技術研究組合「FLOWRA」(Floating Offshore Wind Technology Research Association)を設立し、活動開始を発表しました。

日本国内における浮体式洋上風力発電商用化のコストとリスクを低減させる技術開発に共同で取り組み、浮体式洋上風力発電の広域かつ大規模な商用化を実現するとともに、海外市場も視野に入れた国内産業を創出することを目的として設立。研究活動を通じて、浮体式洋上風力発電の社会実装を見据えた技術開発を推進するという。

設立の背景として、日本の洋上風力発電は諸外国と比べてもコストが高い一方、浅い海域が少ない日本では欧州と異なり着床式よりも浮体式の導入余地が大きいとされており、浮体式を中心とした洋上風力発電の早期コスト低減・大型化を行い、導入拡大を図る必要があるようです。

現在、国内では商用規模として初の浮体式洋上風力発電所「五島市沖洋上風力発電事業」の建設が進められていますが採用されている浮体構造はスパー式。日本での施工を考えた時に地理的条件や施工方法など、広く普及しやすいものではない。浮体構造に限らず、着床式に比べて設置場所の水深が深くなる浮体式における送電技術など、各社が個別に研究開発してきた技術を集約することで国際的な競争力を高め、商用化につながる基盤技術の早期確立につながることを期待しています。

浮体式洋上風力技術研究組合「FLOWRA」の参画企業
  • 電源開発株式会社(Jパワー)
  • NTTアノードエナジー株式会社
  • 関西電力株式会社
  • 九電みらいエナジー株式会社
  • コスモエコパワー株式会社
  • 株式会社JERA
  • 中部電力株式会社
  • 東京瓦斯株式会社
  • 東京電力リニューアブルパワー株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 北陸電力株式会社
  • 丸紅洋上風力開発株式会社
  • 三菱商事洋上風力株式会社
  • 株式会社ユーラスエナジーホールディングス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。