米国初ジョーンズ法準拠のSEP船「Charybdis」進水

米国初ジョーンズ法準拠のSEP船「Charybdis」進水 洋上風力発電
スポンサーリンク

米国初ジョーンズ法準拠のSEP船「Charybdis」進水

進水前のSEP船「Charybdis」
出典:Charybdis 13 by Bureau of Ocean Energy Management, on Flickr
進水前のSEP船「Charybdis」
出典:Charybdis 1 by Bureau of Ocean Energy Management, on Flickr

2024年4月15日、Dominion Energyはアメリカ テキサス州南部にあるブラウンズビルのSeatrium AmFELSで建造しているSEP起重機船「Charybdis」が進水したことを発表しました。

「Charybdis」はアメリカ初のジョーンズ法に準拠した洋上風力向けSEP船として2020年12月に建造を開始。当初は、2023年第4四半期に完成予定でしたが、2024年後半から2025年初めにズレ込み、1年以上遅延しています。進水を発表した掲載文では完成・引き渡し時期について言明していませんが、完成後に施工する「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」の建設スケジュールに変更はないとしている。

「Charybdis」進水には半潜水式バージ3隻を使用

進水前の「Charybdis」に設置された運搬用の架台
出典:Charybdis 11 by Bureau of Ocean Energy Management, on Flickr

ドックではないヤード上で建造が進められた「Charybdis」の進水はユニークな方法でおこなわれていました。

進水時の船体重量は23,000トンという情報もありますが、建造位置から進水をおこなう半潜水式バージまでの移動にはSPMT(自走式多軸台車)を使用。運搬には、前・中央・後の3カ所にSPMTを配置して船体をリフトアップするため、船体の前側と後側のカットアップ部分にSPMT運搬用の架台を設置。

船体を運搬するSPMTが配置された3列に合わせて、岸壁では3隻の半潜水式バージが縦着けで待ち構える。SPMTは前進し、それぞれが半潜水式バージの甲板上へ移動。

その後、「Charybdis」のレグを降下させてジャッキアップし、自立したところで半潜水式バージは離脱。「Charybdis」はレグをジャッキダウンして無事に進水完了。

想像の上をいく進水方法だったので、少し驚きました。Dominion EnergyがVimeoで公開している「Charybdis」の進水動画がXでシェアされていたので添付してます。動画で見ると一目瞭然、分かり易い。

SEP起重機船「Charybdis」の概要

2,200トン吊りSEP起重機船「Charybdis」
出典:Dominion Energy
船名Charybdis
クレーン能力2,200トン(ジャッキアップ時)
1,700トン(フローティング時)
ブーム長さ130m
長さ144m
56m
深さ11.5m
喫水7.5m
DPSDP2
搭載可能重量11,500トン
デッキ強度10t/m2
デッキスペース5,400m2
レグ長さ109m
スパッドカン182m2
プロペラ3,700kw×3(格納式)
3,200kw×4(固定)
最大乗船人数119名

SEP起重機船「Charybdis」の船体寸法は長さ144m、幅56m、深さ11.5m、レグ長さ109m。船体設計は、GustoMSC。当然ながら自航式、DP2のダイナミックポジショニングシステムを搭載。メインクレーンはHuisman製で最大吊り上げ能力2,200トン。

完成後は「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」で施工予定

SEP起重機船「Charybdis」は完成後、「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」で施工する予定。唯一のジョーンズ法に準拠した「Charybdis」は、アメリカ国内での洋上風力建設を考えると安全面、施工効率、工程、コストなど様々な面で有利なことから、引っ張りだこになることが予想される。

Dominion Energy が開発を進める「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」は、アメリカ東海岸のバージニア州にあるバージニアビーチから東へ27マイル(約43km)で建設が計画されている。Siemens Gamesaの風力タービン「SG 14-222 DD」を176基設置する計画で、総発電容量は2.6GW。

最近「Moray West offshore wind farm」で29基のモノパイル設置を完了させた5,000トン吊りクレーン船「Orion」がバージニア州へ向かっており、モノパイル設置作業は5月に始まる予定。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました