大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港

大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港 国内ニュース
スポンサーリンク

大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港

大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が運搬船に積まれてイギリスを出港。大分に到着するのは8月下旬になる予定。

ホーバークラフトの建造をめぐっては、2023年4月に動作確認中のトラブルで船体を浮上させる「リフトファン」が破損するという事態が発生し、当初予定していた納期から最大2カ月の遅れが出ることが明らかにされていました。

ホーバークラフト3隻の納入予定(当初予定と納期遅延後の予定)

1隻目 「Baien」 2023年7月20日 → 2023年9月下旬(2ヵ月遅れ)

2隻目 「Banri」 2023年10月12日 → 203年11月中旬(1ヶ月遅れ)

3隻目 「Tanso」 2024年1月18日 → 変更無し

1隻目の「Baien」は、納期が2ヵ月遅れて9月下旬になるという事でしたが、順調に航海して8月中に到着することが出来れば約1ヶ月の遅れで済みそうです。実機の到着が遅れる影響で訓練時間の確保が厳しい状況になっていたことが少しでも改善するかもしれません。

ホーバークラフトの運航をおこなう大分第一ホーバードライブ株式会社では、新規事業に伴い操縦士や整備士を募集。当初の予定では操縦士の訓練を8月下旬から開始する予定でしたが納期が遅れることで訓練の開始時期を延期。操縦士1人につき140時間の訓練時間を確保する必要があることから、今年度中の運航開始には間に合わない可能性があるそうです。

スポンサーリンク

ホーバークラフト「Baien」を運搬船に積み込み

ホーバークラフトの建造を行うイギリスのGriffon HoverworkがLinkedInへの投稿で、1隻目のホーバークラフト「Baien」がサウサンプトン港内で運搬船への積み込み完了を画像と共に公表しています。厳密には、Griffon Hoverworkでチーフパイロットを務めるBen Avery氏が投稿。記事の最後に掲載している「Baien」試運転の動画にもBen Avery氏が登場して説明してくれています。

船倉内でホーバークラフトを固縛している画像を見ると、大丈夫なんでしょうけど少し心配になります。大分に無事到着してくれるまでは何が起こるか分からないので、無事を祈るしかない。

スポンサーリンク

初号機「Baien」の動画

スポンサーリンク

大分のホーバークラフトに関する記事

大分ホーバークラフト3番船「Tanso」無事に大分到着
2024年2月15日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指している大分ホーバークラフトのうち、3番船「Tanso」が無事に大分へ到着しました。
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着!
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着! 重量物運搬船「WIEBKE」のAIS情報(2月13日22時 時点) 2024年2月13日、大分ホーバークラフト3番船「Tanso」を積んでいるとみられる重量物運搬船「WIEBKE」...
大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月
操縦士の訓練開始当日にあたる昨年11月8日に大分空港側の斜路でガードレールに接触する事故を起こした大分ホーバークラフト1番船「Baien」の修理に向けた確認作業がおこなわれたようです。
大分ホーバークラフト運航開始を来年秋に延期
2023年12月26日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を目指していた大分ホーバークラフトですが、運航会社の「大分第一ホーバードライブ」は運航開始時期を来年秋に先送りすることを明らかにしました。
大分ホーバークラフトの運航開始は便数減になる見通し
2023年11月21日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している大分ホーバークラフトで、運航会社は運航開始の日程を2024年3月としたまま便数を減らした形になる見通しを明らかにしました。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」を積んだ運搬船が大分へ
2023年11月8日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」を積んだ運搬船「GRIETJE」が日本に到着。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、日本到着まであと少し
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、シンガポール通過 運搬船「GRIETJE」の航行経路 大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、日本へ向けて航行中の2番船「B...
大分ホーバークラフト、2番船「Banri」イギリスから日本へ出発
大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」が日本へ向けてイギリスを出港していたようです。
大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式
2023年9月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフト1番船「Baien」の納入式が大分市の田ノ浦ビーチでおこなわれました。式典会場の砂浜に砂煙を上げながら颯爽と現れた「Baien」
ホーバークラフト1番船「Baien」別府湾でテスト運航
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している1隻目にあたる「Baien」が国の検査に向けてテスト運航をおこなっています。テスト運航は9月5日までの予定で、6日には国の検査がおこなわれるという。
待ってたよ!大分ホーバークラフト1号艇「Baien」が到着
2023年8月24日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が重量物運搬船「BBC SEBASTOPOL」に搭載されて大分に到着。
大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が運搬船に積まれてイギリスを出港。大分に到着するのは8月下旬になる予定。
大分で運航予定のホーバークラフト1隻目がついに進水!海上公試へ
大分空港海上アクセスとして導入する国内唯一のホーバークラフト運航にあたり、イギリスのGriffon Hoverworkで建造されている3隻のホーバークラフトのうち、1隻目の「Baien」がこのたび進水しました。
大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトの肝心要となる本体がトラブルにより納期が大幅に遅れるという。
ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着
2023年5月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトについて、大分県はターミナルの名称とロゴを発表しました。ターミナルの名称は「ホーバーターミナルおおいた」、通称は「ホボッタ」。
大分空港海上アクセスとして導入するホーバークラフトの船名決定
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進められているホーバークラフト3隻の船名を決定したと大分県が発表。肝心のホーバークラフトはまだイギリスで建造中。
大分空港で海上アクセスとしてホーバークラフトが復活
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進んでいるようです。大分県では過去にもホーバークラフトが就航していましたが利用者減少などの理由で運航が終了しています。
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む