☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

Huismanが東洋建設の自航式ケーブル敷設船にクレーン2基納入

Huismanが東洋建設の自航式ケーブル敷設船にクレーン2基納入 洋上風力発電
スポンサーリンク

Huismanが東洋建設の自航式ケーブル敷設船にクレーン2基納入

出典:Huisman
Huismanのプレスリリース【2024年3月12日掲載】

Huisman to deliver two Subsea Cranes for Toyo Construction’s cable-lay vessel

(Huisman、東洋建設のケーブル敷設船に海中クレーン2台を納入)

https://www.huismanequipment.com/en/media_centre/press_releases/163-209_Huisman-to-deliver-two-Subsea-Cranes-for-Toyo-Construction-s-cable-lay-vessel

2024年3月12日、Huismanは東洋建設が建造を予定している自航式ケーブル敷設船の設計及び建造をおこなうVARDと完全電動の250トン吊りハイブリッドブームクレーン及び100トン吊りナックルブームクレーンの納入契約を締結したと発表。

新造船に搭載予定のクレーン2基は東洋建設の要望を満たす設計になっており、日本海事協会(ClassNK) の規定に従い認証を受ける予定だという。クレーンの製造場所は、中国の福建省 漳州市にあるHuisman China。

250トン吊りハイブリッドブームクレーン

Huismanのハイブリッドブームクレーンは、従来の格子型ブームクレーンの高い揚程とナックルブームクレーンの操作上の利点を組み合わせた実証済みのクレーン コンセプト。クレーンにはパッシブおよびアクティブ両方の動揺補償システムが装備されており、洋上での優れた作業性を保証している。

そして、Subsea Crane(海底クレーン)という名前の通り、深い水深でもクレーン作業がおこなえる仕様になっています。東洋建設の新造船に搭載されるクレーン仕様は不明ですが、これまでにHuismanが納入したハイブリッドブームクレーンの実績を確認してみると、Subsea 7の「Seven Arctic」(1,000トン吊り)、Maersk Supply Serviceの「Maersk Installer」「Maersk Involver」「Maersk Inventor」(400トン吊り)のすべてでクレーンの最大作業水深は3,000mでした。

水深3,000m仕様にすると、400トン吊りの方は217トンまで能力が落ちるようです。1,000トン吊りの方は記載が無かったので不明。しかし、1,000トン吊りのクレーンを搭載している「Seven Arctic」のメインワイヤーは直径109mm、長さは6,350mという恐ろしい仕様がウェブ上で閲覧できるパンフレットに記載されていました。

100トン吊りナックルブームクレーン

出典:Huisman

100トン吊りナックルブームクレーンは、2023年10月にリニューアルが発表されたHuismanの海洋建設船舶用クレーンシリーズ。コンパクトなクレーンでありながら強力、さらにアクティブ動揺補正により海中作業を支援し、デッキ全体で効率的に貨物を取り扱うように設計されているという。

スポンサーリンク

自航式ケーブル敷設船の概要

総トン数19,000トン
長さ150m
28m
深さ12m
喫水7m(最大)
ケーブル容量9,000トン
甲板面積2,500m2
宿泊設備90人
DPSClass 2
クレーン250トン、100トン
(動揺低減機能付き)
その他の設備ヘリデッキ
4点係留装置
2×ROV システム
バッテリー蓄電
ケーブル敷設船の仕様
投資額300億円、東洋建設が自航式ケーブル敷設船建造を発表
自航式ケーブル敷設船の完成イメージ
出典:TOYO CONSTRUCTION
スポンサーリンク

関連記事

東洋建設

Huisman

Jan De Nul 建造中の5,000トン吊自航式クレーン船を進水
大林組・東亜建設工業の1,250トン吊りSEP起重機船建造中?
1,600トン吊りSEP起重機船「CP-16001」完成間近
SEP船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表
Thialfで使用する大型パイルグリッパーをHuismanに発注
間もなく完成予定の「Voltaire」は3,200トン吊り?
大林・東亜がSEP起重機船に搭載するパイルグリッパーを発注
CadelerのF-classにHuismanのクレーンを搭載
Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載
Jan De Nulの次世代洋上風車設置船が完成
SEP船「Sea Installer」クレーンのアップグレード
CadelerのX-class2隻目となるSEP船の建造開始
米国初のSEP船「Charybdis」に搭載するクレーン運搬
Havframが2隻目となるメガSEP船の建造契約
風力タービンブレード設置時の動きを制御する解決策
重量3,500トンのモノパイルを取り扱うスプレッダーバー
2,600トン吊りのユニークな岸壁クレーン「Skyhook」
新造SEP船にHuisman製モノパイル設置関連機材を納入
HuismanがDEMEのSEP船アップグレード時の様子を公開
Havframの3,250トン吊りSEP船建造スタート
Cadeler1隻目のF-class SEP船建造スタート
米国ジョーンズ法に対応、Huismanの動作補償プラットフォーム
中国で建造中の2,200トン吊りSEP船のメインクレーン設置
Huismanが突風検知の新システム発表、ブレード設置リスク低減
米国初となる洋上風力向けSEP船の完成が1年以上遅れる予定
Huismanが「Aegir」のクレーンをアップグレード
最大直径12.5mのモノパイルに対応、動作補償パイルグリッパー
CadelerのSEP船「Wind Peak」進水
Havframの2隻目となる3,250トン吊りSEP船建造開始
SEP船「Brave Tern」に搭載予定のクレーン完成
SEP船「Wind Maker」搭載の2,600Tクレーン出荷
韓国で2,600トン吊りSEP船「Wind Maker」起工
CadelerがHuismanにSEP船のパイルグリッパー発注
SEP船「Brave Tern」に搭載予定のクレーン完成
Havframの2隻目となる3,250トン吊りSEP船建造開始
CadelerのSEP船「Wind Peak」進水
最大直径12.5mのモノパイルに対応、動作補償パイルグリッパー
Huismanが「Aegir」のクレーンをアップグレード
米国初となる洋上風力向けSEP船の完成が1年以上遅れる予定
Huismanが突風検知の新システム発表、ブレード設置リスク低減
中国で建造中の2,200トン吊りSEP船のメインクレーン設置
米国ジョーンズ法に対応、Huismanの動作補償プラットフォーム
Cadeler1隻目のF-class SEP船建造スタート
Havframの3,250トン吊りSEP船建造スタート
HuismanがDEMEのSEP船アップグレード時の様子を公開
新造SEP船にHuisman製モノパイル設置関連機材を納入
2,600トン吊りのユニークな岸壁クレーン「Skyhook」
重量3,500トンのモノパイルを取り扱うスプレッダーバー
風力タービンブレード設置時の動きを制御する解決策
Havframが2隻目となるメガSEP船の建造契約
米国初のSEP船「Charybdis」に搭載するクレーン運搬
SEP船「Sea Installer」クレーンのアップグレード
CadelerのX-class2隻目となるSEP船の建造開始
Jan De Nulの次世代洋上風車設置船が完成
Havframの新造船にもHuismanのクレーンを搭載
CadelerのF-classにHuismanのクレーンを搭載
大林・東亜がSEP起重機船に搭載するパイルグリッパーを発注
間もなく完成予定の「Voltaire」は3,200トン吊り?
Thialfで使用する大型パイルグリッパーをHuismanに発注
SEP船「Aeolus」のクレーン大規模アップグレードを発表