韓国の大宇建設が中交天津航道局とSEP船独占使用に関するMOU

韓国の大宇建設が中交天津航道局とSEP船独占使用に関する契約締結 洋上風力発電
スポンサーリンク

韓国で5年間のSEP船独占使用に関するMOU締結

出典:DAEWOO ENGINEERING & CONSTRUCTION Co., Ltd.
大宇建設の掲載記事【2024年2月1日掲載】

(翻訳)

大宇建設、CCCC Tianjin Dredging Chinaと洋上風力設置専用船舶国内独占使用MOU締結

https://m.daewooenc.com/news/news-view?idx=11770

2024年2月1日、韓国の大宇建設(Daewoo Engineering & Construction)は中国の中交天津航道局(CCCC Tianjin Dredging)と1,800トン吊りSEP起重機船「港航平5」について5年間の韓国国内独占使用に関する覚書(MOU)を締結したと発表。

MOU締結は1月31日に中国の上海でおこなわれ、前日の30日には大宇建設の土木事業本部長がSEP船「港航平5」建造場所の江蘇大津重工有限公司へ訪問し建造状況を確認。SEP船「港航平5」の建造は2023年3月に着工しており、2024年12月に完成・引き渡し予定。

覚書(MOU)とは?

覚書(MOU)とは、Memorandum of Understandingの略で、了解覚書という意味。当事者間の合意内容を書面化したものであり、ほとんどの場合において法的拘束力はなく、不履行による罰則もない。

スポンサーリンク

1,800トン吊りSEP起重機船「港航平5」

船名港航平5
クレーン能力1,800トン
揚程168m(甲板上)
長さ133m
50m
深さ11m
レグ長さ不明
最大作業水深70m
DPSDP2
1,800トン吊りSEP起重機船「港航平5」
出典:DAEWOO ENGINEERING & CONSTRUCTION Co., Ltd.
スポンサーリンク

韓国に10MWを超える風力タービン設置船がいない

韓国でのSEP船独占使用に関するMOU締結に至った背景として、韓国で計画されているプロジェクトにおいて設置する風力タービンの大型化という理由があるそうです。

大宇建設の掲載記事によると、韓国国内で現在計画されている風力タービンはほとんどが出力12MW以上という大きさ。そして、韓国で唯一稼働しているという1,200トン吊りSEP起重機船「Hyundai Frontier」の最大揚程は水面上130mで、10MW級の風力タービンまでしか設置ができない。

今後も同じようにSEP起重機船などの風力タービン設置船を長期傭船するケースは増えていきそう。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました