☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

アメリカの「Vineyard Wind 1」で最初のモノパイル設置

アメリカの「Vineyard Wind 1」で最初のモノパイル設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

アメリカの「Vineyard Wind 1」で最初のモノパイル設置

「Vineyard Wind 1」で最初のモノパイル設置を行うクレーン船「ORION」
出典:DEME Group
DEMEの掲載記事

OFFSHORE WORKS KICK OFF AT VINEYARD WIND FARM IN US WITH INSTALLATION OF FIRST FOUNDATION

(米国のVineyard Windで洋上作業が開始され、最初の基礎が設置される)

https://prd.deme-group.com/news/offshore-works-kick-vineyard-wind-farm-us-installation-first-foundation

 アメリカでは商用規模の洋上風力発電所としては初めてとなる「Vineyard Wind 1」で風力タービン基礎の設置が開始され、設置する62基のうち最初のモノパイル設置が完了しました。運転開始予定は2023年。

 設置作業を行うのはDEMEの5,000トン吊りクレーン船「ORION」。DP3のダイナミックポジショニングシステムと動作補償機能を備えたパイルグリッパーを搭載し、大型モノパイル設置を想定した設計となっている。

 モノパイル打設を行う周辺の海面上が円形状に白くなっているのは、ビッグバブルカーテン(BBC,Big Bubble Curtain)システムによる泡の影響。モノパイル打設時は海洋生物への騒音低減という目的で作業エリアの周囲に泡のバリアを作成し、打設により発生する音を減衰・吸収している。

 1本目のモノパイル設置を行うクレーン船「ORION」の甲板上には5本のモノパイルが積まれているのが確認できます。クレーン側には黄色のトランジションピースも積まれており、数量は確認できませんが恐らく6基分積まれている。以前の記事で、6基分のモノパイルとトランジションピースを設置した後に、洋上変電所基礎ジャケットの設置を行うということだったので、甲板上に積まれた数量分の設置が完了した後にジャケット設置を行うと思われる。

 モノパイルの製造を行ったのはドイツのロストックにあるEEW SPC。設置するモノパイルの中で最も重たいものは、重量1,895トン。モノパイル基礎の上に設置する風力タービンは、GE製の単機出力13MW「Haliade-X」。

スポンサーリンク

「Vineyard Wind 1」の概要

「Vineyard Wind 1」の概要
  • 設置位置:マサチューセッツ州 マーサズ・ヴィンヤード島沖15マイル
  • 発電容量:800MW
  • 風力タービン:GE Haliade-X 13MW、62基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 運転開始予定:2023年

 モノパイル、トランジションピースの基礎部分設置後に風力タービン設置を行うのはDEMEのSEP起重機船「Sea Installer」の予定。クレーン能力を900トンから1,600トンに増強するアップグレードを実施している。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました