洋上風車への貨物輸送に自律型ドローン使用

洋上風車への貨物輸送に自律型ドローン使用 洋上風力発電
スポンサーリンク

洋上風車への貨物輸送に自律型ドローン使用

2023年10月30日、デンマークの洋上風力発電に関する大手企業Ørstedは、沖合にある洋上風力タービンへ大型のドローンを使用した貨物輸送テスト時の様子を公開しました。

大型ドローンを使用した貨物輸送のテストは、イギリス沖合で稼働している洋上風力発電所「Hornsea 1」でおこなわれたという。使用したドローンは翼を含めた幅が2.6m、重量58kgという巨大なドローン。最大で68kgの貨物を輸送することが出来るという。Ørstedでは、これまでにイギリス以外で使用してきた小型ドローンの専門知識をもとに、大型自律ドローンの試験運用をおこなっているそうです。

余談ですが、Ørstedの掲載記事ではドローンのサイズについて、アホウドリが翼を広げた大きさでキリンの赤ちゃんの体重と同じ重さという例えで紹介しています。ただ、全然ピンとこないのは、日本人だからなのでしょうか。向こうの方にとっては、アホウドリもキリンの赤ちゃんも身近な存在なのかもしれません。

スポンサーリンク

CTVやSOVからドローンを操作

ドローンは、CTV(Crew Transfer Vessel)やSOV(Service Operation Vessel)から操作するという。Ørstedが公開した大型自律ドローンによる貨物輸送の動画では、全長81mのSOV船「Edda Mistral」の船尾から離陸したドローンが洋上風力タービンのナセルへ貨物を届ける様子が紹介されています。とても滑らかな動きで、危なげなく貨物輸送を成し遂げており、これで現況最大68kgの貨物輸送が出来るとなると大いに期待が持てそうな感じ。

Ørstedも掲載記事の中で、大型自律ドローンを使用した貨物輸送によってコストと停止時間が削減され、洋上風力発電所運用の安全性と効率が向上すると述べている。

ただ、場所が場所なので天候の急変などによっては輸送貨物の破損や海への落下、ドローンの墜落といったリスクはありそう。人的被害は出ないかもしれませんが、経済的な損失を考えるとある程度の運用リスクはあるのかもしれません。

スポンサーリンク

デンマークでは100kgの貨物輸送を想定したプロジェクト

ヨーロッパでは洋上風力発電所運用時の貨物輸送にドローンを活用する開発が多くおこなわれています。

デンマークでは、2022年1月から2024年12月というプロジェクト期間でFlexible Offshore Drone for Wind(FOD4Wind)と呼ばれるプロジェクトが進められています。こちらは、充電ステーションを備えたSOV船から動作する完全自律型ドローンを使用して洋上風力発電所のメンテナンス作業を効率化するといったもの。ドローンに搭載したカメラによる点検や交換部品の運搬にドローンを使用することで洋上風車の停止期間を短縮し、CO2排出量やメンテナンスコストなどを削減する効果が期待されています。ドローンを使用して運搬する貨物重量は12㎏から開発がおこなわれ、最終的な目標は100㎏の部材をドローンで運搬することを目指しています。

 SOV船「Edda Mistral」の概要

船名Edda Mistral
総トン数4,873トン
長さ81m
17m
深さ7.3m
エアドラフト38m
定員60人
建造年2018年
SOV船「Edda Mistral」
出典:Edda Wind
スポンサーリンク

大型自律ドローンによる貨物輸送テスト

Ørstedが公開した沖合にある「Hornsea 1」の洋上風力タービンへ大型自律ドローンにより貨物輸送テストをおこなった動画。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました