VestasのV236-15.0MWプロトタイプが発電開始

VestasのV236-15.0MWプロトタイプが発電開始洋上風力発電

 明けましておめでとうございます。

 2023年もを宜しくお願いします。

 今年最初の記事は、Vestasが組み立てを行っていたV236-15.0MWプロトタイプの設置が完了したという記事。

 デンマークのウスタイル(Østerild)試験場で設置が進められていたVestasのV236-15.0MWプロトタイプの組み立てが完了し、発電に成功。

スポンサーリンク

VestasのV236-15.0MWプロトタイプが発電開始

 2022年12月30日、Vestasはデンマークのウスタイル(Østerild)試験場にV236-15.0MWプロトタイプの設置完了を発表。プロトタイプは、最初の電力を生成することに成功し、フルタイプ認証と連続生産を開始する前に、信頼性を確認するためのテストと検証プログラムを受けるそうです。

 デンマーク南部のナクスコウ(Nakskov)にあるVestasのブレード工場で製造された長さ115.5mのブレードは、12月18日にウスタイル(Østerild)試験場に運ばれ、V236-15.0MWプロトタイプの最終的な組み立てが行われていました。

型式V236-15.0MW
発電容量15MW
ローター直径236m
ブレード長さ115.5m
受風面積43,742m2
カットイン風速3m/s
カットアウト風速30m/s
年間発電電力量約80GWh /年
V236-15.0MWの概要

 V236-15.0MWは、ローター直径236m、受風面積43,742m2。発電電力量は、年間約80GWhでヨーロッパの約20,000世帯に電力を供給できるそうです。さらに、その電力使用量を二酸化炭素排出量に換算すると、年間38,000トン以上になるそうです。1基だけで。

 単純に考えると、V236-15.0MWを1,560台設置すれば3,120万世帯、1億2,480万人分になるので日本の家庭で使用されている電力を発電することが出来る計算になる。動力源が自然の風なので一定の出力を確保することが問題になってきますが。風が吹かなくてもダメだし、強すぎてもダメ。

5つの市場で合計8GWを超える優先サプライヤー契約

 Vestasは、ニューリリースの中でこれまでに V236-15.0MW が5つの異なる市場で合計8GWを超える優先サプライヤーとして選ばれていると述べている。なので、Vestasが掲載している記事を調べてみました。

名称設置場所基数合計出力設置時期契約状況
He Dreihtドイツ64基960MW2025年第2四半期確定
Empire Wind 1 & 2アメリカ138基2,070MW未確定
Atlantic Shoresアメリカ?基1,500MW2027年未確定
Inch Capeスコットランド72基1,080MW未確定
Baltic Powerポーランド76基1,140MW2024年以降未確定
MunmuBaram韓国84基1,260MW未確定
合計8,010MW
Vestasが掲載している「V236-15.0MW」に関する記事の情報

 調べてみると確かに受注確定しているものと優先サプライヤーとして選ばれているものを合わせると8,010MWなので8GWを超えていました。「Empire Wind 1 & 2」と「Atlantic Shores」は同じアメリカなので1つの市場としてカウントされていると思われる。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました