CMHIで建造中のCSOV船2隻、2024年引き渡し予定

CMHIで建造中のCSOV船2隻、2024年引き渡し予定 洋上風力発電
スポンサーリンク

CMHIで建造中のCSOV船2隻、2024年引き渡し予定

2023年10月30日、中国の招商局重工有限公司(CMHI)で建造しているIntegrated Wind Solutions(IWS)向けのCSOV船2隻がドックを離れて桟橋へ移動し、順調に建造が進んでいるという。完成・引き渡しは2024年の予定。

IWSは、完全子会社のIWS Fleetを通じてCMHIとの間で2021年3月に2隻、2022年9月に2隻+オプション2隻のCSOV船建造契約締結を発表していました。2022年9月に発表された建造契約での建造価格は1隻当たり4,800万ユーロ、日本円に換算すると約72億円。

CSOV船の船体設計は、Kongsberg Maritimeによるもので、採用されている船体設計「UT 5519 DE」の仕様は長さ92.8m、幅19.6m、120人が宿泊可能。そして、CSOVには欠かせない動作補償機能が付いたギャングウェイやナックルブームクレーンを搭載している。

スポンサーリンク

IWSは6隻の同型CSOV船を保有予定

IWCが保有を予定している6隻のCSOV船艦隊
出典:Integrated Wind Solutions

IWSは、中国のCMHIで合計6隻のCSOV船建造をおこなっており、全てKongsberg Maritimeによる船体設計の同型船。1番船の船名「IWS Skywalker」から同型船6隻は「IWS Skywalker Class」と呼ばれている。

2023年9月に1番船「IWS Skywalker」の海上公試開始が発表されていますが、まだ完成のアナウンスは無いので完成間近といった状況。完成・引き渡し後は、「Dogger Bank Wind Farm」での作業が決まっているようです。

CSOV船「IWS Skywalker」
出典:Integrated Wind Solutions
船名完成予定
1IWS Skywalker 2023年 
2 IWS Windwalker 2024年
3IWS Seawalker2024年
4IWS Starwalker2024年
5IWS Moonwalker2025年
6IWS Sunwalker2025年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました