Coastal Virginia向けトランジションピース輸送開始

Coastal Virginia向けトランジションピース輸送開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

Coastal Virginia向けトランジションピース輸送開始

2024年4月24日、CS WIND Offshoreはアメリカの「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」向けとなる最初のトランジションピースがデンマークのオールボーを出発したと発表。初回分として半潜水式の輸送船「Sun Rise」に積まれているトランジションピースは6基。高さ26.6m、直径7.5m、1基当たりの重量は約570トン。

輸送船「Sun Rise」にトランジションピースを積み込む画像を見ると、甲板上にモノパイルが合積みされていますが、これはドイツのロストックにあるEEW SPCで製造されたもので、モノパイル4基+トランジションピース6基という積み付けで輸送されるようです。

CS WIND Offshoreの発表情報によると、輸送船「Sun Rise」は現在北海付近を約10ノットで順調に航行中しており、16~24日以内(5月10日~20日)に到着予定だという。そして、同船で2便目としてトランジションピース9基の輸送が予定されているため、40~45日以内(6月5日~10日)にはオールボーにあるCS WIND Offshoreの製造施設に戻ってくる予定。

「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」は、アメリカ東海岸のバージニア州にあるバージニアビーチから東へ27マイル(約43km)で、Siemens Gamesaの「SG 14-222 DD」を176基設置する計画。洋上での建設作業は2024年にスタートして2026年に運転を開始する予定。CS WIND Offshoreは、トランジションピース176基すべての製造を受注。

輸送経路

CS WIND Offshoreは以前のBladt Industries

CS WIND Offshoreは、以前のBladt Industriesが社名変更した企業。2023年12月に韓国を拠点とする風力タービンタワーメーカーのCS WINDがBladt Industriesを買収し、社名がCS WIND Offshoreに変わったようです。

CS WINDの ”CS” は ”Chong Shan”(重山)で会長の息子に由来する名前。 ”a heavy mountain that can endure every hardship”(あらゆる苦難にも耐えられる重い山)という意味があるそうです。

スポンサーリンク

「Coastal Virginia Offshore Wind Farm」

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました