☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

SEP船など洋上風力向け大型クレーン船3隻が同じ日に進水

SEP船など洋上風力向け大型クレーン船3隻が同じ日に進水 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船など洋上風力向け大型クレーン船3隻が同じ日に進水

出典:China Classification Society
中国船級社(CCS)の掲載記事

三艘同日下水!中国船级社技术护航海上重器

(3隻同時進水! 中国船級協会の技術が海上で大型船をエスコート)

https://www.ccs.org.cn/ccswz/articleDetail?id=202304190189001177&columnId=201900002000000096

 2023年4月18日、上海振华重工(ZPMC)が中交第三航務工程局有限公司(CCCC Third Harbour Engineering)向けに建造しているSEP起重機船2隻と大型クレーン船1隻の進水式が同じ日に行われました。建造場所は、上海振華重工啓東海洋工程股彬有限公司と靖江南洋船舶制造有限公司の2箇所に分かれており、進水式の様子はビデオリンクを通じて映像を共有したそうです。

 建造している3隻のうち2隻はSEP起重機船で、搭載されているクレーン能力は1,800トンと2,500トン。もう1隻は4,000トン吊りのクレーン船。3隻とも洋上風力発電所建設が目的で、全船にDP-2の自動船位保持装置が搭載されている。

進水した3隻の船名など
  • 「海峰2001」(HAI FENG 2001) 4,000トン吊りクレーン船
  • 「海峰1001」(HAI FENG 1001) 2,500トン吊りSEP起重機船
  • 「海峰1002」(HAI FENG 1002) 1,800トン吊りSEP起重機船
スポンサーリンク

「海峰2001」 4,000トン吊りクレーン船

4,000トン吊りクレーン船「海峰2001」
出典:China Classification Society
船名海峰2001
クレーン能力4,000t(固定)
3,000t(旋回)
長さ195m
46.9m
深さ16m
DPSDP-2

 全長195mの船体に搭載されているクレーンは、固定吊りで最大4,000トン、旋回3,000トンの能力。自航式でDP-2の自動船位保持装置に加え、ウインチによる8点係留設備も搭載している。

 SEP起重機船ではないので、主に15MWを超える風力タービン基礎のモノパイルやジャケットなど各種基礎工事および洋上変電所の設置に使用されるという。

スポンサーリンク

「海峰1001」 2,500トン吊りSEP起重機船

2,500トン吊りSEP起重機船「海峰1001」
出典:China Classification Society

 SEP起重機船「海峰1001」(HAI FENG 1001)は全長133.8m、幅50m、深さ11m。搭載されているクレーンは、LEC(Leg Encircling Crane)を採用した2,500トン吊りのメインクレーンと380トン吊りの補助クレーン。

 日本が誇る清水建設のSEP起重機船「BLUE WIND」とクレーン能力は同じ。船体寸法も少し「BLUE WIND」の方が大きいですがほぼ同じ。自船の甲板に積載できる風力タービン資材は「海峰1001」が15MWの資材2基分に対して「BLUE WIND」は12MWの資材3基分。出力が違うので何とも言えませんが、甲板面積がほぼ同じなので同程度でしょう。

 それにしてもこのクラスのSEP起重機船をサクッと建造する中国。最近はさらに建造ラッシュに拍車がかかり、把握することすら難しい状況。日本だけではなく、ヨーロッパ諸国と比べても層の厚さが桁違い。

船名海峰1001
クレーン能力2,500トン(メイン)
380トン(補助)
長さ133.8m
50m
深さ11m
プロペラアジマス 3,000kW×3(船尾)
バウ 2,500kW×3(船首)
航行速力9ノット
レグ長さ不明
最大作業水深70m
宿泊設備120人
DPSDP-2
スポンサーリンク

「海峰1002」 1,800トン吊りSEP起重機船

1,800トン吊りSEP起重機船「海峰1002」
出典:China Classification Society

 SEP起重機船「海峰1002」(HAI FENG 1002)に搭載されるクレーンは、1,800トン吊りと380トン吊りの補助クレーン。船体寸法などレグ長さ以外は、なぜかほぼ不明。調査不足なだけかもしれませんが。

 ただひとつ気になる点というか、変わった仕様を発見。進水前の👆の画像を見ると分かりますが、補助クレーンのジブレストが船体の舷側から飛び出した状態で、メインクレーンのポストから張り出した台に設置されているという点。

 これは施工的にマイナス要因になりそう。LECを採用したSEP起重機船で施工する場合、基礎の施工ならクレーン能力、風力タービンの施工なら揚程を最大限に活かす為に出来るだけ吊り上げ位置に近づいた状態でジャッキアップしますが、まさに張り出した補助クレーンのジブレストがある位置付近に設置する風力タービンがくるはずなので非常に邪魔になると思われる。最終的な施工位置で干渉しなくてもジャッキアップ前の位置合わせをする時は気を遣うハメになりそう。

船名海峰1002
クレーン能力1,800トン(メイン)
380トン(補助)
長さ不明
不明
深さ不明
プロペラ不明
航行速力不明
レグ長さ130m
最大作業水深不明
宿泊設備不明
DPSDP-2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。