クレーン船「天沨10」による1,681トンのモノパイル設置

クレーン船「天沨10」による1,681トンのモノパイル設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

クレーン船「天沨10」による1,681トンのモノパイル設置

2024年5月5日、中国南部の海南島沖に建設している申能海南(Shenergy Hainan)CZ2洋上風力発電実証プロジェクトで3,000トン吊りクレーン船「天沨10」(Tian Feng 10)によるモノパイル設置がおこなわれました。

設置したモノパイルは長さ94.9m、杭頂部の直径7.5m、重量1,681トン。

そして、設置をおこなったクレーン船は最大吊り上げ能力3,000トンのクレーンを搭載した「天沨10」(Tian Feng 10)。2023年12月に完成・引き渡しされたばかりのクレーン船で、船体寸法は長さ149.8m、幅41.5m、深さ14m。

巨大な建て込み架台を使用した設置方法

3,000トン吊りクレーン船「天沨10」による1,681トンのモノパイル設置
出典:龙船风电网

中国のモノパイル設置で頻繁に登場する ”杭安定化プラットフォーム” と呼ばれる巨大な架台を使用してモノパイルの建て込み、打設をおこなっているのが確認できます。

打設は油圧ハンマーを使用しているようですが、”杭安定化プラットフォーム” の固定杭を引き抜くためにバイブロハンマーも準備されており、👆上の画像でクレーンが吊り下げているのが使用しているバイブロハンマー。モノパイル1本設置するのに、どのくらいの日数が必要なのか気になる。

クレーン船「天沨10」でモノパイル設置がおこなわれた申能海南(Shenergy Hainan)CZ2洋上風力発電実証プロジェクトは、海南省 儋州市の海岸から27km沖合で建設が進められており、総発電容量は1,200MW。フェーズ1、フェーズ2という2段階で計画されており、フェーズ1は2025年6月に稼働を開始する予定。中国の報道情報によると、プロジェクト全体の総投資額は150億元、日本円に換算すると約3,200億円。

3,000トン吊りクレーン船「天沨10」

3,000トン吊り自航式クレーン船「天沨10」完成・引き渡し
3,000トン吊り自航式クレーン船「天沨10」
出典:南通潤邦海洋工程装備有限公司
船名天沨10
(Tian Feng 10)
クレーン能力3,000トン
揚程110m
長さ149.8m
41.5m
深さ14m
プロペラバウスラスター、1,800kW×3基
アジマススラスター、2,000kW×3基
速力7.5ノット
DPSDP2

クレーン船「天沨10」の関連記事

スポンサーリンク

申能海南(Shenergy Hainan)CZ2洋上風力発電実証プロジェクト

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました