☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で年間200トン以上の漁業生産を見込む養殖台船が進水

中国で年間200トン以上の漁業生産を見込む養殖台船が進水 漁業・養殖漁業

 2022年8月6日、中国の福建省 福州市にある馬尾造船で「乾動1号」と呼ばれる漁業養殖台船が進水。完成すると年間生産量200トン以上の大黄魚が養殖される見込み。

スポンサーリンク

漁業養殖台船「乾動1号」

中国で年間200トン以上の生産を見込む養殖台船が進水
漁業養殖台船「乾动1号」の完成イメージ

 中国 福建省 福州市にある馬尾造船で建造されている漁業養殖台船「乾動1号」。進水後の試運転などが終わると、8月末には定海湾に運ばれ、設置される予定。

 これに続いて「乾動2号」の建造も行われており、11月末に稼働する予定。

建造場所「馬尾造船」と設置場所「定海湾」
基本設計の元は「振漁1号」

 漁業養殖台船「乾動1号」の設計元になっているのは2019年5月に完成した「振漁1号」。全長60m、幅30m、養殖水域は1万3千立方メートル。外観は少し似ていますが、大きく違うのは「乾動1号」に追加された養殖ゲージの揚重機構。

「振漁1号」(全長60m、幅30m)

概要

フロートに養殖ゲージを設置する様子

 漁業養殖台船「乾動1号」の大きさは、全長67.6m、幅31.5m、深さ2.8m、喫水1.3m。フロート構造、養殖ゲージ、回転機構、揚重機構という4つの主要な構造で構成されている。

年間生産量200トン
フウセイ(大黄魚:硬骨魚綱スズキ目ニベ科に属する海水魚)

 養殖ゲージは揚重機構により上げ下げする事が可能で、最大17mの深さまで下げる事が出来る。およそ養殖ゲージ半分程度が水面に沈むくらいの深さ。養殖水域は2万立方メートル以上で、大黄魚などを養殖する予定。養殖漁業生産量は年間200トンを見込んでいる。

養殖ゲージを回転させて洗浄できる

 養殖ゲージは回転機構により回転させることが出来る。定期的に回転し、水中部分を気中に露出させることで、太陽光を浴び、風が通り乾燥するので付着した海洋生物を除去することが出来るらしい。

建造の様子

世界の漁業養殖設備

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました