半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」進水、養殖水域3万m3

半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」進水、養殖水域3万m3 漁業・養殖漁業
スポンサーリンク

半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」進水、養殖水域3万m3

2024年6月6日、中国の広東省にある中遠海運重工(COSCO SHIPPING Heavy Industry)で半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」(Ge Sheng Yi Hao)の進水式がおこなわれました。

「格盛1号」の建造が始まったのは2023年11月6日。半潜水式の養殖プラットフォームは中国科学院広州能源研究所によって開発され、珠海格力集団の子会社にあたる珠海格盛科技向けに建造されています。建造開始時の予定では、2024年後半に稼働が見込まれている。

半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」の船体寸法は長さ86m、幅34m、深さ16m、喫水10.5m。そして、養殖水域は3万m3。年間生産額は5,000万元が見込まれており、日本円に換算すると10億4,000万円になるという。

全天候型太陽光発電の他に5Gスマート漁業管理・制御機能搭載

半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」には、全天候型太陽光発電や自動給餌の他に5Gスマート漁業管理・制御機能を搭載しており、養殖漁業の実用性と経済性がさらに向上。インテリジェントでグリーンな養殖能力、飼料貯蔵、環境監視、ネットワーク通信など最新の漁業生産システムは、同様のプラットフォームよりも優れており、運用上の操作性が向上したことで生産性が安定し、低コストという利点があるという。

スポンサーリンク

養殖漁業に関する記事

中国初の多機能レジャー漁業複合プラットフォーム
養殖漁業において世界一の中国で養殖漁業と娯楽設備が複合する設備が建設中みたいです。段階的な計画のようで、現在は第2段階。主にレジャー設備や宿泊設備などの機能を備える、直径120m、7階建てのデッキ施設の外殻部分が出来たようです。
世界初の10万トン級スマート漁業養殖船が運用開始
2022年5月20日、世界初の10万トン級スマート漁業養殖船「国信1号」が、中国東部の山東省(Shangdong)青島市(Qingdao)で引き渡され、運用が開始されたそうです。
中国で年間200トン以上の漁業生産を見込む養殖台船が進水
2022年8月6日、中国の福建省 福州市にある馬尾造船で「乾动1号」と呼ばれる漁業養殖台船が進水。完成すると年間生産量200トン以上の大黄魚が養殖される見込み。
漁業養殖台船「乾動1号」が養殖海域に係留完了
2022年9月7日、中国の福建省で建造された漁業養殖台船「乾動1号」が養殖海域の定海湾に曳航されて係留が完了。年間生産量200トン以上の大黄魚の養殖が見込まれている。
中国で建設されている洋上風力と養殖漁業を融合させたプロジェクト
中国の山東省沖合で建設が進む昌邑プロジェクト(昌邑项目)と呼ばれる洋上風力・海洋養殖統合実証プロジェクトで50基の6MW風車設置が完了。今後、洋上風車から50メートル以内の海域に養殖エリアが配置される予定。
中国で6万5千立方メートルの半潜水式養殖いけすが進水
中国の福建省で養殖水域65,000m3の半潜水式養殖いけす「宁德一号」が進水。完成すると四礵列島しそうれっとうと呼ばれる福建省寧徳市の沖合に設置される予定。年間生産量は2,000トンを見込んでいる。
中国でレストランを併設した漁業養殖プラットフォームが運用開始
中国で半潜水式の漁業養殖プラットフォームにレストランや客室、釣りを楽しめるエリアなどの娯楽施設を搭載した「闽投1号」(闽投宏东号)が正式に運用を開始。62,000m3の養殖水域では600トンの大黄魚が養殖できるそうです。
浮体式洋上風力と養殖漁業を融合させたプラットフォームがAIP取得
中国能源集団龍源電力は、グループの技術プロジェクトに基づいて開発した浮体式風力発電統合プラットフォームの設計が中国船級協会のAIPを取得。浮体式洋上風力と養殖漁業を融合させたプラットフォームは、福建省南日島のデモエリアで建設される予定。
明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎の建造開始
2023年4月17日、中国のタービンメーカー明陽智能はLinkedIn(ビジネス特化型SNS)への投稿で、洋上風力タービンのジャケットに養殖漁業用のネットゲージシステムを備えたジャケット基礎の建造を開始したと発表。
中国の海洋牧場複合施設「耕海1号」フェーズ2が稼働開始
2023年4月28日、山东海洋集团有限公司が建設した大規模養殖漁業・レジャー複合施設「耕海1号」フェーズ2が完成し、山東省煙台市の沖で操業を開始した。設置されているのは、煙台市莱山区のおよそ1.5km沖合。
明陽智能「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎完成
中国のタービンメーカー明陽智能(MingYang Smart Energy)は、2023年4月から製造していた洋上風力タービンのジャケットに養殖漁業用のネットゲージシステムを備えたジャケット基礎が7月10日に完成したと発表。
養殖水域6万立方メートル、半潜水養殖観光プラットフォーム進水
2023年8月6日、中国福建省の造船所で半潜水式養殖観光プラットフォームが進水しました。船体の大きさは長さ100m、幅36m、養殖水域は6万立方メートルにもなるそうです。
「浮体式洋上風力+養殖漁業」、重量4,900トンの浮体進水
2023年9月8日、中国で浮体式洋上風力と養殖漁業を組み合わせたプラットフォームの建造が進み、浮体部分の進水がおこなわれました。開発・建造をおこなうのは、国家能源集団に属する龍源電力集団。
新型養殖プラットフォーム「珠海琴」建造スタート
2023年9月14日、中国の広東省で新型養殖プラットフォーム「珠海琴」(Zhu Hai Qin)の建造が開始されました。
総工費約50億円、複合養殖船「九洲一号」建造開始
2023年10月26日、中国の広東省 珠海市で複合養殖船「九洲一号」の建造が開始されました。船の大きさは全長155.8m、幅44.0m、深さ24.25m。総工費は2億5,000万元、日本円で約50億円。2024年末までに完成・運用開始予定。
全長86m、養殖プラットフォーム「格盛1号」建造開始
2023年11月6日、中国の広東省にある中遠海運重工で養殖プラットフォーム「格盛1号」の建造が開始されました。珠海格力集団の子会社にあたる珠海格盛科技向けに建造される「格盛1号」は、2024年後半に稼働が予定されている。
スウェーデンの浮体式洋上風力で漁業養殖との組み合わせを検討
HexiconとMainstream Renewable Powerの合弁会社であるFreja Offshoreは、開発計画を進めている「Mareld洋上風力発電所」において、Subfarmと協力し、養殖場の設置に関する検討を開始したと発表
DPSを搭載した養殖プラットフォーム「湛江湾一号」建造開始
2024年4月8日、DPSを搭載した養殖プラットフォーム「湛江湾一号」の建造が開始されました。船体形状は長さ154m、幅44m、深さ24.25mで養殖水域は8万m3。
養殖ケージを備えた浮体式洋上風力タービンで稚魚1万匹受け入れ
国家能源集団に属する龍源電力集団(China Longyuan Power Group)が進めている浮体式洋上風力漁業統合プロジェクト「国能共享号」で、海域に設置した養殖ケージへ稚魚1万匹が入れられ養殖が開始されました。
半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」進水、養殖水域3万m3
2024年6月6日、中国の広東省にある中遠海運重工(COSCO SHIPPING Heavy Industry)で半潜水式養殖プラットフォーム「格盛1号」(Ge Sheng Yi Hao)の進水式がおこなわれました。
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む