☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」ジャケット基礎の建造開始

明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」というジャケット基礎の建造開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

明陽智能が「洋上風力+養殖漁業」というジャケット基礎の建造開始

 2023年4月17日、中国のタービンメーカー明陽智能(MingYang Smart Energy)はLinkedIn(ビジネス特化型SNS)への投稿で、洋上風力タービンのジャケットに養殖漁業用のネットゲージシステムを備えたジャケット基礎の建造を開始したと発表。

 ジャケット基礎の内部に備えられる養殖エリアは5,000m3、最大150,000匹の魚を飼育することが可能で自動給餌、監視などの遠隔機能が備わっているという。沿岸から数十km離れた場所に設置されることから沿岸の海洋汚染による影響を受けにくいため、高品質の魚を養殖することができ天然魚に匹敵する品質の魚になると述べている。

 ジャケットは建造後、2023年後半に中国南部の広東省で建設中の明陽陽江青州4洋上風力発電プロジェクトで設置する予定。

関連記事 浮体式洋上風力と養殖漁業を融合させたプラットフォーム👇

スポンサーリンク

明陽陽江青州4洋上風力発電プロジェクト

明陽智能(MingYang Smart Energy)の掲載記事

明阳阳江青洲四海上风电项目海上全面施工启动

(明陽陽江青州第4洋上風力発電プロジェクト洋上総合建設着工)

http://www.myse.com.cn/jtxw/info.aspx?itemid=927
明陽陽江青州4洋上風力発電プロジェクトの概要
  • 設置位置:中国の広東省陽江市から55km沖合の南シナ海、水深41m~46m
  • 発電容量:500MW
  • 風力タービン:明陽智能 MySE11-230×25基、MySE12-242×18基、?×1基
  • 風車基礎:着床式(43基)、浮体式(1基)
  • 運転開始:2023年末(予定)

 中国南部の広東省 陽江市 沖合で建設が進められている「明陽陽江青州4洋上風力発電プロジェクト」。明陽智能に掲載されている記事によると、2022年8月31日に着工したプロジェクトは、総発電容量500MW、設置する風力タービンは「MySE11-230」25基、「MySE12-242」18基という43基の着床式風車に加え、1基の浮体式風車を配備する予定。

 建造が開始された「洋上風力+養殖漁業」のジャケットは、着床式なので11MWまたは12MWの風力タービン基礎として使用される見込み。

 明陽智能に掲載されている着工式の記事では、1基だけ設置が予定されている浮体式の風力タービンについて搭載する出力の記載が無い。少し古い情報だと着床式の16.6MW風車という超大出力の数字が出ていたので浮体式デュアル洋上風力プラットフォーム「OceanX」が設置されるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。